イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草を病気・症状から説明した一覧表

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

薬草/山菜/ハーブの苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブの苗の販売


心臓病
心臓病とは、心臓弁膜症、心内膜炎、狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心臓神経症などの病名で呼ばれるもので、心臓に栄養を補給する冠動脈が狭くなったり、詰まる、心臓自身の力が弱まる、心臓の鼓動が不規則になる、などの病気のことです。そして、心臓疾患があると、動悸(どうき)、息切れ、胸痛、むくみ、手足の冷え、めまいや立ち眩み、呼吸困難などの、いろいろな症状が出てきます。

心臓病は、突然発病するのではなく、その前にかなりの長期間にわたり、隠れた時期がありますので、重大な結果を避けるためにも、その時期に適当な治療を行うことが必要です。

心臓病の治療については、外科の範囲が非常に大きいわけですから、そのような点からも、漢方においては、代償機能の回復をはかるということが、療法の目的となります。


薬用植物名 採集時期 成分 薬効 用法説明
マツ
新葉(初夏)
テルペン精油・ピネン・ジペンテン・リモネン
強壮・脳梗塞・ボケ・痴呆・心筋梗塞・動脈効果・高血圧
@松(赤松が一番いい)の新葉青々としたものを採取A刻んで天日干してカラカラにするBミキサーで粉末にして保存C5グラムに水0.5リットルを30分細火で煮出して飲用Dまたは、お茶のようにお湯を注いで飲用。




薬草の用い方は「健康を維持するための薬草・用法から」健康補助食品・薬草販売の各コンテンツをご覧ください。
「心臓病」 (漢方薬)
延年半夏湯(えんねんはんげとう) 括呂薤白白酒湯(かろうがいはくはくしゅとう) 九味檳榔湯(くみびんろうとう) 五積散(ごしゃくさん)
五苓散(ごれいさん) 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 柴胡桂枝干姜湯(さいこけいしかんきょうとう) 炙甘草湯(しゃかんぞうとう)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 茯苓甘草湯(ぶくりょうかんぞうとう) 茯苓杏仁甘草湯(ぶくりょうきょうにんかんぞうとう)
変製心気飲(へんせいしんきいん) 木防已湯(もくぼういとう) 苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう) 苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)      

左上中央上をクリックすると各メインページへ戻ります

◎当ホームページはリンクフリーです。◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。