イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草を病気・症状から説明した一覧表

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

薬草/山菜/ハーブの苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブの苗の販売


胆石、胆のう疾患
胆のうの病気としてもっとも多いのが、胆のう炎と胆石症です。胆のう炎と胆石症とは、互いに因果関係が深く、胆石があると胆のう炎を起こしやすく、胆のう炎は胆石をつくるもとになっています。

胆のうや胆管の炎症、胆汁のうっ帯、胆汁成分の異常などが原因となり胆石が生じて、これが胆汁の通路を遮断(しゃだん)して黄疸(おうだん)を起こしたり、胆のうや胆管を刺激して発作性の激しい痛みを起こすのが胆石症です。

胆のう炎は、胆のうや胆管の内側に細菌が原因で炎症を起こして、発熱を伴い、激痛、吐き気、寒気などの症状がでる病気です。胆石が生じて、胆のう壁が傷つけられたときに、細菌が入り込むと、細菌が増殖して炎症を起こしやすいと考えられています。胆石症は胃けいれんによく似ていますが、胆石症の痛みは、上腹部の右寄りの部分を中心に起こり、胃けいれんは胃の部分にのみ痛みが起こります。

漢方では、柴胡(さいこ)を主剤としたものが多くて、また発作に対する対症療法と、体質を改善していく原因療法とに分けて治療していきます。胆石ができるのは動物性の脂肪のとり過ぎが原因とされています。そこで、脂肪や砂糖の摂取をひかえて、野菜を多くとるように注意することが大切です。


薬用植物名 採集時期 成分 薬効 用法説明
ウラジロガシ
葉・小枝
フラボン・カテコールタンニン
胆石・腎石
@必要なときに葉と小枝をそのまま水洗いして乾燥Aさらに細かく切って天日で乾燥B1日量50〜70グラムを0.6〜1リットルの水で、約半量まで煎じて1日数回に分けて飲用。連銭草(れんせんそう)を20グラム加えて煎じるとさらに効果があるとされます。
スギナ
春〜初夏(茎)
サポニン・ケイ酸・ベーターシトステロール・タンニン
抗癌・糖尿病・胆石・関節痛・皮膚炎
@春〜初夏採取してよく洗うA天日で乾燥B細かくして保存C1日5〜10グラムで、1リットル水を沸騰する。2分程度で火を止める。1日3回飲用。




薬草の用い方は「健康を維持するための薬草・用法から」健康補助食品・飲料の各コンテンツをご覧ください。

左上中央上をクリックすると各メインページへ戻ります

◎当ホームページはリンクフリーです。◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。