健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ミシマサイコ(三島柴胡)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ミシマサイコ         (セリ科ミシマサイコ属:多年草:草丈 〜100センチ:花期 〜9月)

薬効
かぜ 胆石、胆のう疾患 頭痛(ずつう)
分布生育場所

科名:セリ科/属名:ミシマサイコ属
和名:三島柴胡/生薬名:柴胡(さいこ)/学名:Bupleurum falcatum
本州、四国、九州の日当たりの良い山野に自生する多年草
(激減して野生の採取は困難になりました。)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

根は太く黄褐色の色をしています。
茎は、直立して細長く堅く、1メートルにもなります。
葉は、根生葉(こんせいよう)と茎生葉(けいせいよう)があり、根生葉(こんせいよう)には長い葉柄(ようへい)があり、両方とも、細長く互生(ごせい)し、湾曲に曲がっていて数本の葉脈(ようみゃく)があります。
花は、9〜10月ころに茎頂(けいちょう)に、小さな黄色の花弁が内側に曲がった5弁花の、多数の複散形花序(ふくさんけいかじょ)をつけます。
果実は、長さ2.5センチくらいの楕円形で、褐色に熟します。


採集と調整
栽培品では、2年以上したものの、根茎を掘り取り、日干しにして乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、柴胡(さいこ)といいます。

根を肥大させて収穫を目的にする場合には、6月ころ花茎(かけい)が伸びるので、花が咲かないようにすると、根が肥大します。


薬効・用い方
柴胡(さいこ)には、サイコサポニン、フィトステロールなどの成分を含有します。
解熱、鎮痛、解毒として抗炎症、肝臓などの漢方治療に配合されます。

風邪と熱、頭痛、肝臓肥大、慢性胆のう炎、胆石などに、柴胡(さいこ)の粉末を1日量、3〜5グラム、3回に分けて服用します。
民間では、胃炎、風邪の初期などに1日量5〜8グラムを煎じて服用します。

漢方処方として、食欲不振、胃炎、かぜ、中耳炎などに小柴胡湯(しょうさいことう)や高血圧、肝臓肥大症、慢性胆のう炎、胆石症、心臓性ぜんそくなどに大柴胡湯(だいさいことう)などがあり、水0.5リットルで半量に煎じて、濾してから、煮詰めて、1日3回に分けて服用します。


その他
名前の由来には、江戸時代、東海道の三島の宿に投宿する旅人は、柴胡(さいこ)という薬を買うことがならわしになっていたそうです。
三島の薬種問屋に持ち込まれる、柴胡(さいこ)は、非常に品質が良く、伊豆の草原地帯の山々を野焼きして掘り出したものといわれています。
静岡県の三島地方で産出される、サイコが非常に品質が良く優秀なことから、漢名の音読みと産地名がついて、ミシマサイコと呼ばれるようになりました。
現在では、三島地方では、野生のものを見つけるのも難しいと言われています。

中国の「本草綱目(ほんぞうこうもく・1596)」には、サイコを、「若いときは食用にし、老ゆれば採って柴とす。それゆえ苗は芸蒿、山菜、茹草の名があり、根は柴胡(さいこ)と名づけられる」という記述があります。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan