健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ヨシ                   (イネ科ヨシ属:多年草:草丈 〜3メートル:花期 〜10月 )

薬効
胃炎(胃カタル) 吐き気 黄疸 小便不利 のどの炎症 鼻血(はなぢ)
口渇き(くちかわ) 気管支炎(気管支カタル) 歯ぐきの炎症 腹痛
分布生育場所

科名:イネ科/属名:ヨシ属
和名:葦/別名:アシ/キタヨシ/生薬名:蘆根(ろこん)/学名:Phragmites communis
日本全土の池、沼、川岸などに普通に自生する大型多年草
新潟県上越市国府の片葉の葦(かたはのあし)

イネ科ススキ属ススキ(薄/芒)
イネ科チガヤ属チガヤ(血茅)
イネ科イネ属イネ(稲)
イネ科トウモロコシ属トウモロコシ(玉蜀桼)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

地下には、根茎(こんけい)が長く伸びて繁殖します。
根茎は、細長く円柱形、多数の節があり、ひげ根が出ています。
茎は、直立して、高さ2〜3メートルにもなり、中空です。
葉は、やや青みのある緑色で、長広い線形で長さ20〜50センチ、茎にまばらにつき、葉縁がざらつきます。
花は、8〜9ころに、茎頂に長さ20〜50センチの大型の円錐花序(えんすいかじょ)をつけます。
花は、泥褐色で2〜4個の子花で、基部には白い長い毛がつき、数本の脈があり、穂の下は雄性、上は両性で、結実はしません。


採集と調整
地上部の枯れる冬に、地下の根茎(こんけい)を採取して、天日で乾燥させます。
これを生薬で、蘆根(ろこん)といいます。


薬効・用い方
有効成分は、根茎にペントザン、アスパラギン、糖質など

吐き気止め、むくみ、利尿、止血、消炎などに、蘆根(ろこん)1日量5〜10グラム、水0.4リットルを、半量まで煎じて、3回に分けて服用します。

茶材として、消化不良、肝臓病、黄疸、むくみなどに、蘆根(ろこん)を適量煎じて、お茶のように飲みます。

生の根茎を砕いて、生の汁を、吐き気や胃の熱をとる、尿意の調整などに飲みます。
フグ中毒にも、根茎の生の汁や蘆根(ろこん)を煎じて飲用します。

「本草綱目(ほんぞうこうもく・1590)」には、「消渇客熱、小便利を止める」、「反胃、吐逆で食べ物の通らぬもの」を治すによいとあって、のどが渇いて、小便の出が悪い、胃の調子が悪く、吐き気がある症状には、蘆根(ろこん)を煎じて飲むという



その他
日本の開国神話の中に出ている日本国の美称、豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)の葦原は、葦(あし)が、日本列島におおいかぶさるように生い茂っている様子を記述した

名前の由来は、縁起かつぎで、長く伸びて用途があるものを、ヨシ(良し)として、短くて用途がないものを、アシ(悪し)とします。
そこから、ヨシと呼ばれるようになりました。

ヨシは、世界中の暖帯、温帯、亜寒帯と広く分布していますが、日本では、ヨシ、セイコノヨシ、ツルヨシがあります。

ヨシの筍(しゅん)は、少し苦味がありますが、タケノコと同じように食べられます。

ヨシは、昔から薬用以外にも用いられていて、茎の細くて長い物を、揃えて「すのこ」、「すだれ」、「よしず」などに広く利用されてきました。




左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan