イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム・メインメニュー

漢方薬の成分・配分を説明した一覧表

漢方薬一覧表

薬草/山菜/ハーブの苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブの苗の販売


葛根湯(かっこんとう)
適応症 かぜ感冒 中耳炎(ちゅうじえん) 鼻炎(びえん) 蓄膿症(ちくのうしょう) へんとう炎 麦粒腫(ばくりゅうしゅ) 結膜炎 トラコーマ フリクテン
虹彩炎 涙のう炎 白内障 皮膚炎 じんましん 乳房炎 歯根膜炎 歯槽膿漏 麻疹
三叉神経痛(しんけいつう) 関節炎 筋肉リューマチ 腸炎 偏頭痛        
                 
目標 頭痛、発熱悪寒して自然発汗がなく、うなじ、肩、背などがこるもの。慢性の歯痛、鼻づまり、蓄膿症、肩こり、神経痛などには発熱、悪寒がなくても用います。

 

構成 葛根(かっこん):3 麻黄(まおう):2 大棗(たいそう):2 生姜(しょうきょう):2 桂枝(けいし):1
芍薬(しゃくやく):1 甘草(かんぞう):1      
         
備考 かぜの漢方薬として、もっともよく知られている処方で、発汗して解熱させる作用があります。比較的体力がある人で、悪寒、発熱、頭痛、項背部のこりを目標として用います。

本方は盗汗を含む自然発汗がある場合には不適です。この場合には桂枝湯(けいしとう)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)を用います。また高熱を伴って身体痛や関節痛が激しい場合には麻黄湯(まおうとう)が適します。

へんとう炎、結膜炎、乳腺炎など上半身、頭部の諸炎症に用いる場合、炎症・化膿傾向のものには桔梗石膏(ききょうせっこう)を、炎症・便秘傾向には大黄(だいおう)を加えて用います。

 

 


左上直下をクリックすると各メインページへ戻ります

◎当ホームページはリンクフリーです。 ◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。