健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ヤマイモ(山芋)の苗

ヤマノイモ(山薬/さんやく)酒

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ヤマノイモ            (ヤマノイモ科ヤマノイモ属:蔓性の多年草:花期 7〜8月)

薬効
滋養強壮 強精 下痢 夢精・遺精    
           
分布生育場所

科名:ヤマノイモ科/属名:ヤマノイモ属
和名:山の芋/生薬名:山薬(さんやく)/学名:Dioscorea japonica
本州、四国、九州の山野に自生するジネンジョ(自然薯・自然生)のこと。
中国原産で日本各地で栽培されるナガイモ、ヤマトイモなどの栽培品種とは区別します。


ヤマノイモのムカゴ/雌花ヤマノイモの雄花
(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ヤマノイモは、雌雄異株。円柱状多肉質の長大な根が縦にのび、その中味は白く柔らかで粘りけがあります(トロロイモ)。
茎は春から蔓状に数メートル以上にのびて他の植物などにまといつき成長します。
葉は対生、形は心臓形披針形で先は尖り、長さ5〜10センチ、葉縁は全縁です。
葉腋には珠芽(むかご)(種子ではないが、繁殖できる器官)をつけます。
ヤマノイモの花は5月ころに、雄花は葉腋から直上する3〜5本の軸に穂状花序につき、花被片6、白色で形は楕円形をしています。雄しべは6。雌花は葉腋から垂れた軸に長い穂状花序につきます。
花被片は6、形は広楕円形をしていて、長さは1ミリ程です。果実はサク果、長さ15ミリ、巾25〜28ミリ程度、種子は扁平円形です。

中国原産で日本各地で栽培されるナガイモとの区別は、ナガイモの葉が矢尻形、葉柄に紫褐色の斑点がある。ヤマノイモは、葉柄が緑色、葉は心臓披針形で違う



採集と調整
秋に葉が落ちてから根を掘り取り、水洗いしてから皮を除いて適当な長さに切り、初めは風通しのよいところで陰干しにし、ついで天日でよく乾燥させます。
ヤマノイモの根を乾燥したものが生薬の山薬(さんやく)といいます。
これはナガイモからも、同様に作ります。


薬効・用い方
山薬(さんやく)は、強壮、強精薬として胃を丈夫にして、精力をつける効き目があります。
また、慢性の下痢や、夢精、男女生殖器の衰弱にも用いられます。
山薬(さんやく)を、1日20グラムを煎じて3回に分けて服用します。
一般にはとろろ、ろろ汁として食用とすれば効き目があります。また植物に消化酵素を多く含むため、生食しても良く消化されます。

ヤマノイモ酒:山薬(さんやく)約200グラムを刻み、砂糖100グラムをホワイトリカー1.8リットルに漬け、3ヶ月以上おいたものを1日1回30ミリリットルを就寝まえに服用すると、滋養強壮、精力減退、疲労回復に効き目があるとされています。

塗布:根をすりおろして患部に塗る。火傷、ひび、しもやけに。(これは、アレルギー体質の人には不向きです。)
春に、若芽を摘み、生で天ぷら、茹でておひたし、あえもの、味噌あえ、汁の実にします。
秋には、ムカゴを採り塩茹でや炒めのも、ムカゴご飯にする。
秋から冬には、ヤマノイモを掘り取り、とろろ汁、山かけ、磯部揚げ、塩茹で、天ぷら、あえもの、煮物、いも粥、味噌和え、汁の実などに。


その他
ヤマノイモは、中国の古書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」には、「虚弱体質を補って早死にしない。胃腸の調子をよくし、暑さ寒さにも耐え、耳、目もよくし、長寿を保つことができる。」という記述があります。
これは古くから、強精、強壮剤として用いられていたことがわかります。

ヤマノイモの仲間は世界に600種類以上も知られていて、栽培するナガイモは中国大陸原産で古くに日本に渡来してきたものです。
八百屋の店頭に並ぶ、銀杏薯(いちょういも)、仏掌薯(つくねいも)、長薯、一年薯(いちねんいも)などは、すべてナガイモの栽培品種です。
ヤマノイモを自然薯(じねんじょ)と呼ぶのは、このナガイモと区別するためです。
山にヤマノイモを探しに行くと、葉がハート形で互生(ごせい)するオニドコロと非常によく似ていることがわかります。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan