健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ナンテン       (メギ科ナンテン属:落葉性低木:樹高 〜2メートル:花期 〜6月)

薬効
滋養強壮 せき・たん ぜんそく(気管支ぜんそく) 百日ぜき 黄疸 頭痛(ずつう)
リューマチ 虫さされ 視力低下      
分布生育場所

科名:メギ科/属名:ナンテン属
和名:南天/生薬名:南天実(なんてんじつ)/学名:Nandina domestica
東海道から近畿以西の本州、四国、九州の暖地の山地渓間に自生
山口県川上村の、川上のユズおよびナンテンの自生地は国の天然記念物
古くから庭に栽培され、品種も多数が知られている
中国、インドに分布


(←拡大画像はクリックします)
下段・白実ナンテンナンテンの花ナンテンの実

見分け方・特徴

ナンテンは、茎は叢生(そうせい)して、高さが2メートル以上になります
葉は互生、3回奇数羽状複葉、小葉の長さ3〜7センチ、幅1〜2.5センチ、茎の上部に集まって互生して、披針形で革質で表面は光沢があり先は尖っていて、全縁
5〜6月に、茎の先端に白い花を円錐花序につけ、直径6〜7ミリ、3個ずつ輪状に多数並ぶ
果実は、直径6〜7ミリの大きさの球形で、初冬に赤く熟します
また、変種で果実の色がやや黄色をおびた白色のものがあり、シロミナンテンとして区別されていて、葉が紅葉しないという特徴がある
赤味のものにくらべてやや大きく、葉、茎など全体に赤味がありません

採集と調整
ナンテンは、秋から冬にかけ果実が熟します。完熟したものを採取します
10月から翌年の3月頃までが採集時期になります
天日でよく乾燥させたものを生薬で南天実(なんてんじつ)といいますが、果実は多肉質(たにくしつ)でなかなか乾燥しません
ナンテンは、十分に乾燥させることが必要です

薬効・用い方
有効成分は、果実にはアルカロイドのドメスチンに鎮咳作用がある

薬用には果実、葉、茎、根いずれも利用されまが、南天実(なんてんじつ)は、一般に最もよく知られています
薬用にはシロミナンテンの方が効き目があると俗にいわれていますが、赤実も白実も効き目には全く差はありません。
南天実(なんてんじつ)の成分はアルカロイドの一種で、知覚神経や運動神経の末梢に対してマヒ作用があり、百日ぜきやぜんそくなどの咳止めに効果をあらわします。
用い方は1日量5〜10グラムを約0.5リットルの水を加えて熱し半量になるまで煎じつめます。煎液は布でこして1日3回に分けて食前に服用します。
南天実と黒豆とを同量、同じように煎じ、氷砂糖かハチミツで甘味をつけて服用するといっそう効き目があります。
南天実は視力の回復にも良く効くとされ、咳止めの場合と同様に用います。

葉は南天竹葉(なんてんちくよう)といい、果実と同様の効き目があるとされ、民間では解毒薬として用いられています。
とくに魚の中毒のときに新鮮な葉をよく噛んで飲み込みます。このとき吐くことがありますが、その方が効果的といわれています。
赤飯の上にナンテンの葉を置く習慣には、毒消しの意味があります。解毒作用のあるチアン水素がごく微量に発生して、これが殺菌効果をあげて腐敗させないからです
ハチに刺されたとき、生の葉をよくもんで、その汁をつけると痛み止めになり、また乗り物酔いには生の葉を噛むとよいといわれています

茎は咳止めや、強壮剤に1日量10〜15グラムを、煎じて用います

根は頭痛、黄疸、リューマチ、疲労筋肉痛などの痛み止めに1日量30〜50グラム(生のもの)を煎じて用います

茶材として、ナンテンの果実、葉を刻んで、お茶代わりに飲用します。せき、中風、疲労回復、強壮に

のどの痛み、腫れがひくには、果実を生のまま飲みくだすと効果があるとのことです

その他
古くから庭に栽培されていて、品種も多く知られています、日本に野生するものは、中国から薬用、観賞用として伝えられ、栽培されているうちに種子が各地に散布されたのではないかといわれています

ナンテンの名前の由来は、中国名の南天竹(なんてんちく)からで、南天をそのまま音読みにしたものです
これは、難転(なんてん)、成天(なるてん)の意味になり縁起の良い植物として用いられています

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan