健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

シャシャンボ(小小ん坊)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

シャシャンボ          (ツツジ科スノキ属:常緑小高木:樹高 〜3メートル:花期 〜7月)

薬効
食用
 
分布生育場所

科名:ツツジ科/属名:スノキ属
和名:小小ん坊/別名:サシブノキ/ワクラハ/学名:Vaccinium bracteatum
本州の千葉県〜石川県以西、四国、九州、沖縄の 暖帯の山地など
朝鮮南部、中国、台湾など東南アジア

ツツジ科スノキ属アクシバ(灰汁柴)
ツツジ科スノキ属ナツハゼ(夏櫨)



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

暖帯の沿岸地の山地、林縁、谷筋などに自生する常緑小高木で、普通2〜3メートル、まれに10メートルにもなる
樹皮は灰色、縦にはがれ落ちて、褐色〜赤褐色になり、若枝は赤褐色
葉は互生、卵状楕円形〜楕円形、長さ2〜6センチ、幅1〜3センチ、葉質は厚い革質
花は5〜7月、前年枝の葉腋から長さ3〜8センチの総状花序を出し白色の赤みを帯びた花を多数下垂する
花冠は筒状の壺形、長さ5〜7ミリ、先は5裂して裂片は反り返る、雄しべ10、花柱が花冠からのぞく
果実は、直径約5ミリ、球形の液果、9〜10月ころに、紫黒色に熟して白い粉がつく
種子は約1ミリで楕円形


採集と調整
秋9〜10月頃に、紫黒色に熟した果実を採取する、甘酸っぱく食べられる


薬効・用い方
紫黒色に熟した果実は、甘酸っぱく食べられる
また、スノキ属は、ジャムにして、果実を200〜300グラムに約2〜3倍量の35度のホワイトリカーに、3〜6ヶ月漬け込み、材料を引き上げ、健康酒にして1日30〜50CCを飲用する



その他
名の由来は、秋に紫黒色に熟した果実が多数つく様子を、小さな坊やにたとえて、「小小ん坊」と呼び、「小小ん坊」から転訛して、シャシャンボの名になったという

古名には、サシブやサシブノキなどがあり、ワクラハとは、病気の葉を意味していて、葉が冬になると褐色〜褐紫色に変わり、白い班が混じることから呼ばれた名だという

医学博士 遠藤 仁郎
シャシャンボは、ツツジ科。低地の林に生ずる常緑木。高さ2〜3メートル。漢名 南燭。一名楊桐。また牛筋という変った名もある。
汁をとって米を浸け、烏飯を作り食うと、牛筋のように健康になるというので、この名があるのだそうだ。
シャシャンボはササンボ。小々坊、小々ん坊で、小さい実という意味。実が丸く小さいことによる。
またの名 サシブノキ。古くからよく知られた木とみえ、古事記の仁徳記にも出ている。南方熊楠全集七巻に、「古事記、仁徳帝の御歌(注 正しくは仁徳帝の大后の御歌)に、「川の辺に生立るサシブをサシブの木」と有る倭姫世紀のササムの木、神名帳の伊勢の竹、佐々夫江の社のササブ、宇鏡のサセブで、紀伊其他でシャシャンボと云物だ。
此木、古く神に縁厚く、至尊の御詠に迄出たが、今は田舎の児童が採り、実を食うのみ」。と出ている。
また、ワクラバという名もある。ワクラバは病葉。「嫩葉が紅色を帯びているところから、緑葉に雑じるこの紅い葉を病葉と見立てての名」だと牧野先生はいわれている。
しかし、老葉も紅藍色をおびているのがあり、いかにも病葉のようにみえるからではなかろうか。
はじめてこの木を記したのは梁の陶弘景で「草木の王」と尊称してあるという。
本草綱目には、「泄を止め、睡を除き、筋を強くし、気力を益す。久服、身を軽くし、天年を延べ、人をして饑えざらしめ、白を変じ、老を却ける」(蔵器)、とあり。
木の葉の汁でつくる烏飯(またの名、青精飯)も、「顔色を益し、筋骨を堅くし、行歩を能くする」(蔵器)、「久服白を変し、老を却ける」(蘇頌)、といわれている。


烏飯の法
「南燭の茎葉を搗き砕きとれる清汁に、粳末を浸し九浸九蒸九曝す云々」(蔵器)。
この飯は、もと仙家の服食法であったが、後には、仏教寺院で、多く4月8日に、これをつくって仏前に供えるようになった。
なるべく色をよくつけるために、柿の葉や白楊の葉などを入れたり、鉄を入れたという。
なお、「小児の疳病を去るに、この葉を煎じ、茶に代へてのむ」とも出ているが、冬にも青々とした葉があるので、いつでも利用出来るし、茶葉のように製しておいてもよいだろう。
実は径4〜5ミリの小球状で、冬黒熟し、多少の白色をおび、甘酢っぱい。これにも、「筋骨を強くし、気力を益し、精を固くし、顔をとどめる」(時珍)と、葉と同様、強壮強精、不老長寿の効がいわれている。
野山にある、およそ食べられるほどのものは何でも食べた、田舎そだちの私だが、これだけは、今まで、知らなかった。毎月の徒歩の会のたびに探がしてあるいていたが、ようやく昨年、瀬戸内の島や海岸の山にことに多いことを知った。
夏7月、小さい白い花がついて、冬12月には黒い少さい実になっていた。つややかな、形のよい葉にも少し酸っぱ味があり、歩きながらしがむと仲々うまい。少々かたいが青汁材料にも結構なるし、真冬にも青々とした葉が得られることも有難い。



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan