健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

コンニャク          (サトイモ科コンニャク属:多年草:草丈 〜50センチ:花期 〜 月)

薬効
温湿布 食品原料
分布生育場所

科名:サトイモ科/属名:コンニャク属
和名:蒟蒻/学名:Amorphophalus Konjac C.Koch
インドネシア半島原産、日本各地でコンニャクイモとして栽培

サトイモ科クワズイモ属クワズイモ(食わず芋)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

春に、コンニャクイモを植えて、5月ころに、球根の頂部から円錐状のヘビに似た葉柄を出し高さ約50センチになる
葉柄の先端は、3裂して、羽状に小葉をつける
球根が生育すると、葉柄に代わりに、花柄を伸ばして先端に、暗紫色の仏炎苞(ぶつえんぽう)の花をつけ、花は異臭がする

サトイモ科のその他の植物、ザゼンソウミズバショウコンニャクカラスビシャク


採集と調整
普通は、3年目の10月ころ葉が枯れたころに、充分肥大した地下球茎を掘り取る


薬効・用い方
有効成分:コンニャクマンナン、粗蛋白質、粗脂肪、炭水化物、粗繊維、灰分

民間では、うがい薬として、生のコンニャクイモを刻み、10グラムと水0.6リットルを半量まで煮詰めて、上部のかすを除いて、うがいをする

はれものに、生のコンニャクイモを、摩り下ろして患部に塗布すると、膿が吸い出されるという

また、肺炎などで胸が苦しいときには、食用コンニャクを温めて、患部に温湿布すると、痛みが柔らぐという


コンニャク
収穫した球茎を、水洗いして、ひげ根を除き、薄切りにして5〜7日陰干しにて乾燥する
乾燥した球茎を、粗く砕いたものを荒粉と呼び、製粉してマンナン粒にした微粉を精粉と呼ぶ
精粉を水で溶かして、石灰を加えて凝固させて、熱湯に30〜40分入れると、浮きあがり、食用のコンニャクになります

食用のコンニャクは、水分が97%もあり、栄養価がほとんど無いので、食べすぎの肥満体、糖尿病、動脈硬化症などの人の食事療法に用いられる


その他
名の由来は、日本に渡来したとされる大和時代以前ころの、英名コニャク(古名)/コンヤクから転訛(てんか)して、コンニャクになったという


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan