健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ヌルデ         (ウルシ科ウルシ属:落葉小高木:樹高 〜5メートル:花期 〜8月 )

薬効
下痢 せき・たん
分布生育場所

科名:ウルシ科/属名:ウルシ属
和名:白膠木/別名:フシノキ/生薬名:塩麩子(えんふし)/塩麩葉(えんふよう)/五倍子(ごばいし)/学名:Rhus javanica
北海道、本州、九州、四国、沖縄の山野など日当たりの良い場所に自生。台湾、中国、朝鮮半島に分布

ウルシ科ウルシ属ハゼノキ(黄櫨)
ウルシ科マンゴー属マンゴー

ヌルデの虫こぶ(五倍子/ごばいし)
(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ヌルデは、高さが5メートルくらになる落葉小高木です。
枝分かれが多く、葉は奇数羽状複葉(うじょうふくよう)で、枝先に互生(ごせい)します。
枝には、小葉と小葉の間に翼(つばさ)があるのが特徴で、良く似ているヤマウルシと区別がつきます。
花は、夏大型の円錐花序(えんすいかじょ)をつけて、雌雄異株(しゆういしゅ)で小さい花が多数つきます。
果実は、扁球形(へんきゅうけい)の核果(かくか)になり秋には赤く熟します。


採集と調整
秋に果実を採取して、日干しにして乾燥させます
これを生薬(しょうやく)で、塩麩子(えんふし)といい、葉を乾燥させたものを塩麩葉(えんふよう)といいます

五倍子(ごばいし)
ヌルデにできる虫こぶのことを五倍子といいます
これは、ヌルデの若芽にアブラムシ科のヌルデノミミフシが寄生して、枝の翼に卵を産み付け、それが耳状にふくれて虫こぶになります
この虫こぶは、タンニン質が豊富でタンニン資源として用いられていました
秋に、虫こぶの殻を破って成虫が飛び出す前に採取し、熱湯に浸して殺虫して乾燥したものが生薬の五倍子(ごばいし)です
また、ヌルデノミミフシの成虫は、オオバチョウチンゴケで越冬して、また翌年ヌルデの枝の翼に産卵するという生態をもっています

本朝食鑑(ほんちょうしょっかん/1697)に、「わが国の当世の女子は、鉄漿に麩子を合わせて、歯牙に塗っている・・通称、鉄(かね)を着けるとか、お歯黒(はぐろ)を着けると云う・・」
こわれた鉄鍋に米のとぎ汁を付け、暖かい場所に置き、この上澄に五倍子の粉末を混ぜたものを歯に塗ったという


薬効・用い方
下痢、たん、咳などには、塩麩子(えんふし)10〜15グラム、水0.4リットルを、煎じて約3分の1量まで煮詰めて1日3回に分けて服用


その他
ヌルデの名前の由来は、平安時代にはヌテンと呼んでいて「本草和名(ほんぞうわみょう・918)」には、この木にできる虫こぶをヌテンノキノムシと呼んで、キノムシには樗鶏(ちょけい)の漢名で、「本朝食鑑(ほんちょうしょっかん・1697)」では、沼天(ぬてん)とは、奴留天(ぬるで)とあり、「和漢三才図絵(わかんさんさいずえ・1713)」では、奴留天(ぬるで)の天の字は手を意味するとして、奴留手(ぬるで)としています。
奴留手(ぬるで)とは、この木を折ると白い、にかわのような樹液が出て、これを塗る用途に使っていたことから「塗る手」を意味するいわれます。

雌の木には、小さな果実が垂れ下がり、果実の表面の白い粉をなめると塩辛い味がします。
これは酸性リンゴ酸カルシウムによるもので、これから塩麩子(えんふし)という漢名が付きました。
別名の、シオノキ、シオカラノキ、ショッペノキなどは、この塩辛い味がすることからきました。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan