健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

トウガン               (ウリ科トウガン属:つる性1年草:草丈 〜 センチ:花期 〜月)

薬効
便秘 小便不利 しみ・そばかす むくみ(浮腫・水腫)
分布生育場所

科名:ウリ科/属名:トウガン属
和名:冬瓜(とうが)/生薬名:冬瓜子(とうがし)/学名:Benincasa hispida
日本の暖地で栽培。


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

トウガンは、1年生のつる草本(そうほん)で、茎葉(けいよう)は大きく円形で浅く5裂して、多くの細かい毛があります。
巻いたひげは、分岐しないでそのまま伸びます。
夏から秋に葉のわきに1個の花をつけます。花は雌雄同株(しゆうどうかぶ)で、がく片は5個、花冠(かかん)は5裂して、裂片は円頭で平く開きます。少ししわ状に縮んでいて、へちまの花に似ています。
果実は、円形か楕円形で非常に大ききなり、果皮は堅く初め白い毛がありますが、だんだん抜け落ちて、ろう質を分泌して粉白になっていきます。


採集と調整
トウガンは、8〜9月ころに、果実(冬瓜(とうが))を切って、中の種子を取り出して水洗いして、日干しにして乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、冬瓜子(とうがし)といいます。


薬効・用い方
冬瓜子(とうがし)は、消炎、利尿(りにょう)、緩下(かんげ)薬としてはれものがあり、少しむくみ気味の場合に1日量として、冬瓜子(とうがし)3〜12グラムを水0.4リットルで煎じて、約2分の1量まで煮つめて、1日3回に分けて服用します。

肌のそばかすを取る場合には、冬瓜子(とうがし)と白桃花(はくとうか・モモ)を同量を粉末にして、ハチミツを少し加えてクリーム状に良く練ってから、肌に塗布します。

痔には、冬瓜子(とうがし)を適量煎じて、その煎じ汁で痔の患部を洗うと痛みがとれます。

利尿には、冬瓜(とうが)の果皮を日干しにして保存しておいたものを、むくみに1日量20グラムを水0.4リットルで約2分の1量まで煎じて3回に分けて服用します。

冬瓜(とうが)蒸し
中国料理ではトウガンの料理は真夏に珍重されています。
広州では、冬瓜(とうが)蒸しが作られていますが、これは、トウガンの一方をふたを作るように真っ直ぐに包丁で切り取り、トウガンの中の種子を取り除いてから、その中にアヒルの肉、鶏肉、椎茸、ハスの実、陳皮(ちんぴ)、生姜(しょうきょう)などを入れて、5時間くらい蒸し塩で味をつけたものです。


その他
トウガンは、トウガン属としては、世界にこのトウガンが1種だけです。熱帯アジアが原産地です。
熱帯アジアから、中国や日本に古くから伝わっていたようです。

日本の古書の「本草和名(ほんぞうわみょう・918)」には「白冬瓜、和名加毛宇利(かもうり)」という記述が残っていて、その名残の地名が京都の「カモウリ」として、今も古名として残っています。

トウガンの名前の由来は、和名のトウガンは冬瓜(とうが)と呼ぶのが正しく、東国なまりで「トウガン」になったとされています。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigasi,nishiku,Niigata-city,Japan