健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

クサギ          (クマツヅラ科クサギ属:落葉小高木:樹高 〜5メートル:花期 〜9月)

薬効
下痢 リューマチ はれもの・できもの
分布生育場所

科名:クマツヅラ科/属名:クサギ属
和名:臭木/学名:Clerodendron trichotomun
日本全土の山地、山すそ、川端に自生する落葉性の小高木


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

クサギは、山野、山すそなどに普通に見られる落葉性の小高木です
非常に枝分かれが多く、枝葉ともに有毛で、葉は卵形で桐の葉に似ていて長柄があって対生(たいせい)して、強い悪臭があります。
花は、8月ころに枝端から伸びて大型の集散花序(しゅうさんかじょ)をつけます。がくは、5深裂(しんれつ)して裂片は卵形で鮮やかな紅色をしています。花冠(かかん)は、少し紅色がかった白色で、花筒から細長い5裂片で、雄しべと雌しべの花柱(かちゅう)は、長く花冠(かかん)より突き出ていて、雄しべが先に熟します。
果実は、藍色(あいいろ)、扁円球(へんえん)で非常に美しく熟します。
古くからクサギの、熟した果実は浅青色(はなだ色)の染色として用いられていました。


採集と調整
クサギは、8〜9月ころに、葉を小枝ごと採取して、天日で乾燥します

薬効・用い方
有効成分:葉に殺菌作用のあるクレロデンドリンA.B、苦味質ほか

クサギの葉・小枝の乾燥したものは、リューマチ、高血圧、下痢に1日量10〜15グラムを水0.4リットルで煎じ、約2分の1量まで煮つめて1日3回食間に服用します。

殺菌作用が非常に強く、腫れ物や痔には、10〜15グラムを煎じた液で患部を洗浄します。

民間療法では、葉をちぎって酢に漬けておいて、主に足にできた、できものに塗布すると腫れがとれるとされています。

また、日本の古書「物類品騭(ぶつるいひんしつ・1763)」では、クサギの根元の材の中の虫を焼いて小児に食べさせると、疳疾(かんしつ)によいとされています。


その他
クサギの名前の由来は、葉には、特異な臭気があるために、臭木(クサギ)という和名があります。
漢名も臭梧桐(しゅうごりゅう)といい、くさいというところからきています。

このクサギの葉の悪臭は、茹でたり蒸したりすることによって無くなるので、各地方では色々な料理に利用されてきています。
春に出る若葉を、茹でて水にさらして、アク抜きをしてから、おひたしなどの料理に使用しますが、とくに寺院などでの精進料理には良く見られます。

また、古くから、茹でた若葉を、ざるに広げて、天日でよく乾燥させてから保存しておいて、必要な場合に水にもどして、汁の実などにも用いられていました


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan