健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

トチノキ          (トチノキ科トキノキ属:落葉性高木:樹高 〜25メートル:花期 〜6月)

薬効
いんきん・たむし 下痢 しもやけ 寄生性皮膚病    
           
分布生育場所

科名:トチノキ科/属名:トキノキ属
和名:栃の木/学名:Aesculus turbinata
日本特産で日本全土の日の当たる山地に自生する落葉の高木

栃木県宇都宮市のマロニエの並木道早朝の栃木県中央公園(宇都宮市)


(←拡大画像はクリックします)
トチノキの花トチノキの果実

見分け方・特徴

トチノキは、高さ30メートル、幹の径が2メートル程になる巨木です
トチノキは、種子を食用にするために、山林で材木を伐採する場合でもトチノキだけを残すことがあります
葉は対生する長い柄(10〜20センチ)につき、掌状で5〜7の小葉からなっています。小葉の形は長卵形〜倒卵状長楕円形で真中のものが大きく、長さ15〜40センチ、巾3.5〜15センチになります。葉縁は少し波打って鋸歯状になっています
5月ころの花は枝先に15〜20センチの円錐状の花序をつくります。雄花は雄しべ7、雌しべ1(退化していて小さい)、両性花は雄しべ7、雌しべ1で花の外に飛び出しています。花弁は4で白色、中央部は淡紅色をしています
果実は径4センチぐらいで倒卵状形をしています。3裂し、種子は赤褐色でつやがあり、栗によく似た種子です

トチノキは、大木になり、木材としては材質が柔らかく、木目が美しいなどのために、加工材として利用されています。また、樹形が美しいために、庭木や街路樹として植栽されていて、東京・霞が関の官庁街や、パリのマロニエ(バルカン半島原産の西洋トチノキ)通りなどが有名です

採集と調整
トチノキは、春4月頃、葉の若芽の粘液をそのまま利用します
樹皮は夏に採取し、種子は秋に採取して、いづれも日干しにします
これを、生薬の七葉樹(しちようじゅ・葉の若芽、樹皮、種子)といいます

薬効・用い方
トチノキは、寄生性皮膚病やたむしなどには、若芽から出る粘液をそのまま塗ります
また、種子を砕いたものと、センブリ(当薬・とうやく)の等分量を水で濃く煎じ、その煎液で患部を洗って用います
下痢止めには、樹皮1日量10〜15グラムに水0.3リットルを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めたものをこして服用します
しもやけや痔には、種子の煎液を利用しますが、さらに骨折、関節結核などの手術の後におこる軟部腫瘍(しゅよう)を抑制するためにも利用されています

種子の食べ方:熟した種子を粉にして、2〜3日水にさらして渋抜きをして、米と種子の粉を混ぜて、餅などに加工します

主成分:アェスミンを多く含むトリテルペンサポニン、クマリン、フラボノイド。アェスミンは抗炎症作用。ヨーロッパでは、胃腸に吸収されにくい作用があり調合薬として応用。アメリカで葉の煎じ液を百日咳に用いる。収斂剤で抗炎症作用があり、静脈血管壁が弛緩・膨張して静脈流、痔核などの正常な血管の浸透性を亢進して、過剰な水分を血管内に再吸収することにより、体内の水蓄積を減少し、少量の服用で、足部壊疽、静脈流、痔、凍傷に有効であり、種子から抽出した油が、フランスではリュウマチの外用として用いられている

その他
トチノキの名前の由来は、日本の古書で、「和名抄(わみょうしょう・932)」は和名の止知(とち)に対して、杼(ちょ)の漢字をあて、「和漢三才図会(わかんさんさいずえ・1713)」では、橡(しょう)の漢字で、俗に「栃(とち)」を用いるとしています
また、「本草綱目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう・1803)」には、七葉樹だけをあてていまが、「栃(とち)」の漢字はでてきません。
鈴木牧之(すずきぼくし)の書いた「秋山記行(あきやまきこう・1828)」の中では、平家の落人(おちうど)村の言い伝えのある、秘境秋山郷の探訪記に、子供がトチもちの材料に、この実を採取することを記して、「栃(とち)」の字を使っています。このことから、「杤(とち)」から、「栃(とち)」の字になったのではないかとされています。

なお、杼(ちょ)の漢字は、ドングリをさしていて、橡(しょう)はハシバミ類をさしています。
天師栗、七葉樹は中国産で、中国の上海(しゃんはい)、杭州(こうしゅう)、青島(ちんたお)などにはトチノキが栽培されていまが、中国の呼び名は「日本七葉樹」といいます。

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan