健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

アッサムチャ/チャノキの苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

アッサムチャ     (ツバキ科ツバキ属:常緑低木:樹高 〜5メートル:花期 9〜10月 )

薬効
下痢 かぜ 小便不利 頭痛(ずつう) 飲用  
           
分布生育場所

科名:ツバキ科/属名:ツバキ属
和名:アッサム茶/学名:Camellia sinensis
栽培の起源はインド、スリランカ、中国で日本でも最も古くから栽培されてる

チャノキ(チャ)は、低木性で葉が小型の「シネンシス」と、高木性で葉が大型の「アッサム」という二つの変種があり、この「アッサム」種はタンニン質が多く紅茶に利用される

日本では、「シネンシス」が本州関東以西の温暖で湿潤地に適していて、お茶葉として栽培される
ツバキ科ツバキ属/日本で開発された紅茶用品種紅富貴(べにふうき)
新潟県村上のやぶきた茶。村上市は日本海側の北限の茶として知られる。
葉に斑入りのチャノキ


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

アッサムチャは、常緑の中高木で、野生化したものは高さが7〜8メートルにも達する

樹皮は灰白色、葉は広皮針形(ひしんけい)か長楕円形で先が尖り、葉縁には鋸歯(きょし)があり、葉質は革質で厚く、表面は濃緑色で光沢がある
花は秋から10〜11月初冬にかけて、芳香のある白い花をつけます。花弁は6〜8枚、内側が大きい
チャの果実は朔果(さくか)、直径1.5〜2センチ、熟すと3裂して無胚乳(むはいにゅう)の褐色〜帯赤褐色の種子を落とす



採集と調整
インドのアッサム地方などの熱い地方では年10数回の茶つみも可能になります。
摘葉は若葉が5枚ほど、伸びたときに晴天の時を選んで先の3枚を摘み取ります。良質の茶葉の場合は2枚、1枚と少なく摘み取ります。

緑茶:若葉をつみとり、短時間せいろで強く蒸します。その後さらに熱を加えながら、手でもんでよりをかけて、最後に火入れといわれる加熱をして茶にします。茶は適当に加熱してあるので酸化酵素が不活性化されて、緑色を黒変させることやビタミンCの破壊を防ぎます。
玉露は、茶つみの20日ぐらい前からよしずをかけて栽培した若葉を製茶したもので、最高級品のお茶です。また、抹茶(まっちゃ)は、よしずの下で栽培した葉を美濃紙の上で加熱して、よりをかけずに粉末にしたものです。

ウーロン茶:烏龍茶は、台湾、中国の製品で、緑茶と紅茶の中間の発酵で「半発酵茶」のことです。ビタミンCは、ほとんど含まれず、カフェイン、カテキンは緑茶とほぼ同様、茶特有のタンニンの解毒作用が発酵で弱められていて、緑茶よりも胃にはやさしい作用があります。
ウーロン茶は「1、2級茶葉」の高級品を、お薦めします。味わい深さは、スーパーや自販機のウーロン茶とは桁が違う味を楽しめます。

紅茶:煎じた汁が赤褐色になるので、紅茶といわれますが、茶葉の酵素を発酵させて作ります。発酵熱でビタミンCは消失しますが、逆に特有の芳香が出ます。紅茶にはタンニン質の多いアッサム茶が使用されます。


薬効・用い方
チャにはキサンチン類としてカフェイン(1〜5%)、テオブロミン、タンニン、フラボノイド、脂質、ビタミンCが含有されていて、含まれる、カフェインは発汗、興奮、利尿などの効果があり、チャタンニンは下痢に効き目があります。茶のうまみは、アミノ酸によるものです。

かぜ、頭痛には緑茶15グラム、陳皮(ちんぴ・みかんの皮)20グラム、山椒(さんしょう)3〜5個を水0.4リットルで2分の1量に煎じて熱いうちに服用します。

下痢には緑茶の粉末、乾燥した生姜(しょうが)の粉末を同量3〜6グラムを白湯(さゆ)で服用します。


その他
お茶の風習は古くに中国から伝わってきました。聖武天皇の時代から知られていますが、当時は薬用として、わずかに飲用されていました。

のちに、後鳥羽天皇の時代に栄西(えいさい)が宋より留学を終えて帰国するときに、製茶法と種子を持ち返りました。

お茶としての風習は、足利時代以降、僧、武士から庶民にいたるまで広まり、今の茶道を築きあげました。

また、「アッサム」種は、葉が大型から紅茶として、インドのアッサム地方(インド北東部沿海地域)で栽培されたものは、アッサム紅茶として知られる



  
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan