健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

イラクサ           (イラクサ科イラクサ属:多年草:草丈 〜100センチ:花期 〜9月)

薬効
虫さされ 浴湯料 茶材 山菜
分布生育場所

科名:イラクサ科/属名:イラクサ属
和名:刺草/別名:アイコ/学名:Urtica thunbergiana
イラクサは、日本全土の山地などに自生。
ミヤマイラクサは、東北地方の山地の比較的うす暗い場所に自生。

イラクサ科イラクサ属ウワバミソウ(属蟒蛇草)
イラクサ科ヤナギイチゴ属ヤナギイチゴ(柳苺)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

高さが1メートルにも達する大型の1年草で、人里離れた道端など余り人の入らない場所に群生します。
茎は、直立して堅い刺に覆われていて触ると非常に痛い。
葉は、互生で広い卵形で10〜25センチ、先端は尖り、葉縁には大きな鋸歯があります。
葉にも、堅い刺があり、一度さわると皮膚に残り、いつまでもチクチクして痛い。
花は、7〜9月に咲き、雄花は葉の脇に咲いて、雌花は茎頂につきます。

採集と調整
夏に草花の一番勢いのある時に、茎葉を採取して乾燥させます。
これを生薬で、蕁麻(じんま)といいます。

薬効・用い方
イラクサの茎葉を乾燥させて浴湯料として、頑固な疼痛などに用います。
乾燥茎葉を適量、布袋に入れて、鍋などに入れて煮出してから、風呂に入れて入浴します。
血行を良くして体が温まります。

蛇や毒虫などの場合には、イラクサの新鮮な葉を良く揉んで出てくる汁を患部に塗布します
毒消しや痛みを和らげる作用があります

戦時中には、日本の救荒植物として、茹でた葉を乾燥させて食料にしていました。

ミヤマイラクサは、アイコと呼び、若葉を茹でて、季節のおひたしやあえものにして食べます。
痛みの原因の毒成分は、煮ることによって水に溶けて無毒になります。

ヨーロッパでは、薬草として用いられていて、血糖値降下作用があり、糖尿病に健康茶として広く親しまれています。

その他
イラクサは、絹に似た光沢を持つ柔らかな繊維の原材料になります。
イラクサの皮から採れる繊維は、上質な織布になり、ヨーロッパでは、古くは第一次世界大戦下のドイツで、大規模な、イラクサの加工産業が発達しました。

アンデルセンの童話で「白鳥の王子」に、11人の兄にかけられた魔法を解くために、イラクサの服を、末の妹が、イラクサの刺で、血で手を真っ赤にして編み上げたという話があります。
イラクサの学名も「urtica」で、「焼く」という語源があり、これも、イラクサを触った時のヒスタミンの毒による、「焼けるような痛み」から付いた名前です。

蕁麻疹(じんましん)とは、イラクサの茎葉に細かい刺があり、この刺にヒスタミンを含むため、指でさわると、いつまでも、痛くて痒くて、これによって起こる炎症を、蕁麻疹(じんましん)と言ったのが、ジンマシンの名前の始まりとされています。

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan