健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ミゾソバ           (タデ科タデ属:多年草:草丈 〜50センチ:花期 8〜9月 )

薬効
リューマチ 止血 鎮痛
分布生育場所

科名:タデ科/属名:タデ属
和名:溝蕎麦/別名:牛の額/学名:Persicaria thunbergii
本州、北海道、四国、九州の日本全国の日当たりの良い湿地や田んぼやあぜ道に自生
朝鮮半島、中国、ウスリー、サハリンに分布

タデ科ソバ属ソバ(蕎麦)
ヒマラヤ原産で観賞用に栽培されますヒメツルソバ



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ミゾソバの茎は、地面を横に這(は)い廻り、そこに根をおろし、そこから上に伸びて高さ30〜80センチになります、茎には下向きに小さなとげが無数に生えています。
葉は互生、卵状で基部が左右に出るほこ形、両面に刺毛と星状毛が生える
花は、8月から9月にかけて、3〜4ミリくらいの淡紅色が混じった、白い小花が集まって美しい花をつけます。
花の蕾(つぼみ)は、まるでコンペイトウのように見えることから、コンペイトウグサなどとも呼ばれています。



採集と調整
花が咲いている時に、茎葉を採取して乾燥させます。
または、必要な時に茎を採取します。



薬効・用い方
有効成分は、花にはフラボノイド・クエルセチン配糖体のクエルチトリン、ペルシカリンほか
フラボノイド・クエルセチン配糖体のクエルチトリンは、ドクダミの葉にも含まれていて利尿作用がある

リューマチなどには、乾燥した茎葉10〜20グラムを、水0.5リットルで煎じて服用すると効き目があるといわれています。

また、生の茎は止血、鎮痛作用があるとされていて、血止めや擦り傷のは、茎をよくもんで患部につけます。

食用には、新芽や柔らかい葉を、塩を入れた熱湯で茹でて、水に浸してアク抜きをしてから、おひたし、ごまあえ、佃煮、油いためにして食べます。

また、採取する場合には、開花前の葉を指で取るときに細かいとげがあるので注意します。



その他
ミゾソバの名前の由来は、自生する場所が溝や湿地に繁茂していて、ソバ(蕎麦)に草の姿が似ていることからつけられた名前で、そのまま溝蕎麦(みぞそば)と呼ばれた

また、ソバに果実が似ているという説もありますが、果実が三角形のところから、そば稜(そば:角のあること)をいい、どちらも蕎麦に関係しているようです。

ミゾソバの別名には、花の形が金平糖(こんぺいとう)に似ていることからコンペイトウグサ、葉の形が牛に似ていることからウシノヒタイなどとも呼ばれています。

大和本草(やまとほんぞう/1708)には、「牛面草は俗の名で、また溝ソバとは水辺に生ずること。
牛の額(ひたい)というのは、ソバの葉に似て長いから。またイシミカワに似てあのような鋭い刺(はり)がない。茎葉は柔で色は青い。生の葉をすりつぶし、切り傷の出血を止める効がある」という記述がある



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan