健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

メグスリノキ(目薬の木)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

メグスリノキ         (カエデ科カエデ属:落葉高木:樹高 〜25メートル:花期 〜6月)

薬効
眼一般 眼の充血 視力低下 肝炎・B型肝炎
分布生育場所

科名:カエデ科/属名:カエデ属
和名:目薬の木/別名:チョウジャノキ/学名:Acer nikoense
本州の山形、宮城県以南から四国、九州の比較的深山の山地に自生

カエデ科カエデ属ハナノキ(花の木)
カエデ科カエデ属ヤマモミジ(山紅葉)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

山形、宮城県から四国、九州の山地に自生する日本特産の落葉高木です
高さが10〜25メートルにもなる高木で、樹皮が灰褐色または褐色で、新しい枝には粗い毛が密生します。
葉は、対生で長い柄があり3出複葉で特徴があり、小葉には全縁か波状の鋸歯があります。
株は雌雄異株で、5〜6月ころに黄緑色の5裂した花弁の花を付けます。
秋には、翼果の果実を結実します
また、秋の紅葉は美しい


      
採集と調整
5〜6月の開花期に、葉と小枝ごと採取して、粗く刻んで日干しにして乾燥させます
これがメグスリノキです


薬効・用い方
有効成分:ツツジ科のツツジ類に多く含まれる、ロードデンドリンに似た成分のエピ・ロードデンドリン他
メグスリノキには、ステロイドのベータ・シトステロール、スチグマステロール、カンペステロール、ベータ・シトステロールグルコシド、トリテルペノイド、ベータ・アミリンなどを含有

ただれ目、はやり目(角膜炎)、ものもらい、白内障の進行防止などには、メグスリノキ10〜15グラムを水0.5リットルで煎じて、1日3回服用します。また、同じ煎じ液で1日数回洗眼します。

肝炎や輸血によるB型肝炎などには、メグスリノキ10グラムを水0.5リットルで煎じて服用します。


その他
メグスリノキは、日本特産で日本にしか自生していない固有種になります
民間では古くから、葉を煎じて服用したり、洗眼すると目の病気に良いとして知られています
このことからそのまま、メグスリノキと名づけられました

また、翼果が風邪に舞う様子から、蝶の木これが転訛して、長者の木という別名もあります。
ほかには、三つ花(ミツバナ)、ハナカエデなどの別名がある

福島県相馬地方の山には、メグスリノキが多く自生していて、樹皮を薬にして服用するという
目がかすむような時には、メグスリノキの樹皮や小枝を煎じて飲むと、遠方まではっきりと見えるようになることから「千里眼の薬」と呼ばれているという
また、肝臓疾患の薬としても用いられるとのことで、「素問(そもん)」などの中国古典には、「肝気は目に通ず、肝和すれば、目よく五色を弁ず」という記述があることから、肝臓と目の関係を知ることができる

メグスリノキは、日本より海外に良く知られているようであり、ロンドンの種苗会社の目録には、Acer nikoense(アーサー・ニッコインシス)の名で紹介されているという


       
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan