健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ホオノキ         (モクレン科モクレン属:落葉高木:樹高 〜30メートル:花期 〜5月)

薬効
便秘 せき・たん 小便不利 胃炎(胃カタル)
分布生育場所

科名:モクレン科/属名:モクレン属
和名:朴の木/生薬名:和厚朴(わこうぼく)/厚朴(こうぼく)/学名:Magnolia obvata
日本全土の山地に普通に見られる落葉高木。日本特産

モクレン科モクレン属オオヤマレンゲ(大山蓮華)
モクレン科モクレン属モクレン(木蓮)
モクレン科モクレン属タイサンボク(泰山木)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

巨木になると幹が直径1メートル、高さが30メートルにもなる落葉高木です。
葉は、枝の先の方に集まってつき、大型の倒卵状(とうらんじょう)で20〜45センチくらいになります。
太い葉柄(ようへい)がつき、全縁(ぜんえん)で先端が尖っていて、表面は濃い緑色、裏面は粉白色で柔毛があります。
花は、5月ころに枝先に黄色みを帯びた白色の大型の9弁花をつけ、芳香があります。
果実は、10月頃に長楕円形で、熟すと多くの袋果から赤色の種子が糸状の種柄に垂れ下がります。

採集と調整
夏の土用のころ、幹と枝の皮をはぎ取り、日干しにして乾燥させます
これを生薬(しょうやく)で、中国産のホウノキ(厚朴)と区別するため、和厚朴(わこうぼく)といいます
中国産のカラホオは、厚朴(こうぼく)といい、強い芳香があり上等品とされていますが、薬効は、ほぼ同様に扱います

この樹皮には、精油、タンニン、マグノクラリンなどを含みます

薬効・用い方
有効成分は、アルカロイドのマグノクラリン、精油マキロール、マグノロールなど

厚朴(こうぼく)は、単味では用いないで、漢方処方として用います
一般に市販されている家庭薬には、厚朴(こうぼく)が配剤された、健胃、整腸消化、収斂(しゅうれん)、利尿、去痰(きょたん)薬が多くあります

せき、つわり、神経性胃炎には、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を1日3回、食後30分に服用します。
これは、気分がすぐれず、のどや食道部に異物感がのこり、動悸やめまいなどの症状に効きます。

便秘には、小承気湯(しょうじょうきとう)があります。これは、枳実(きじつ)2グラム、厚朴(こうぼく)3グラムを、水0.4リットルで、半量まで煮詰めてから、大黄(だいおう)2グラムを入れて、再度半量まで煮詰めます。これを、1日3回空腹時に服用すると効果があります。

 
その他
ホオノキの名前の由来は、古く万葉のころには、ホオガシワと呼ばれていて、「本草和名(ほんぞうわみょう・918)」には、保々加之波乃岐(ほほがしわのき)としての記述があります
ホホとは、冬芽の、ほほむ(含む)形から呼ばれたといわれています。

古くから葉に食べ物を乗せる、炊ぐ葉(かしぐは)、カシワとして用いられていて、ご飯や餅などを、ホオノキの青い葉で包むんで用いました
また、岐阜の飛騨の高山の朴葉味噌(ほおばみそ)は良く知られています

ホオノキの材質は柔らかく、版木、マッチの軸、鉛筆材、下駄の歯などに用いられていて、ホオノキの木炭の朴炭(ほおずみ)は、昔はあかすりにも用いたり、鍋の焦げを落とすのに用いたといわれています

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan