健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

モクレン/シモクレンの苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

モクレン/シモクレン    (モクレン科モクレン属:落葉小高木:樹高 〜5メートル:花期 〜4月)

薬効
蓄膿症(ちくのうしょう) 頭痛(ずつう) 漢方処方       
 
分布生育場所

科名:モクレン科/属名:モクレン属
和名:木蓮/木蘭/生薬名:辛夷(しんい)/学名:Magnoliaceae quinquepeta
中国の湖北省付近の原産、日本各地で庭木、公園樹などに栽培
世界中の温帯地域に広く栽培される

モクレン科モクレン属のコブシタムシバ
モクレン科モクレン属ホウノキ(朴の木)
モクレン科モクレン属オオヤマレンゲ(大山蓮華)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

樹皮は灰白色でなめらかな落葉低木〜小高木で高さ3〜5メートル
葉は互生、広倒卵形、葉縁は全縁、先端は短く尖る、長さ8〜20センチ、幅4〜10センチ
冬の花芽は大きく長白軟毛に覆われる
花は3〜4月、葉の展開の前に紅紫色の大型の花を上向きに半開する
花は外側の花被片3枚は小さくがく状、内側6枚は花弁状、直径約10センチ、雄しべ、雌しべは多数
果実は、長楕円形で袋果が集まった集合果、種子は赤い


採集と調整
花の咲く前2〜3月頃に蕾(つぼみ)を採取して日干しにしたものを生薬名で辛夷(しんい)と呼ぶ


薬効・用い方
有効成分:精油。シトラール、シネオール、オイゲノール、クエン酸ほか

蓄膿症、鼻炎には、辛夷(しんい)15グラム、蒼耳子(そうじし/オナモミの果実)9グラム、白芷(びゃくし/ヨロイグサの根)30グラム、ハッカ葉15グラムを混ぜて、ミキサーで粉末にして毎食後6グラム服用する

漢方処方:和辛夷(わしんい)は主として漢方処方「辛夷湯(しんいとう)、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)葛根湯加辛夷川弓(かっこんとうかしんいせんきゅう)」に配合されています
前者は、蓄膿症で濃い鼻水が出る場合に用い、後者は鼻炎の初期で鼻づまりの場合に用います。


その他
飛鳥・天平時代に僧侶の着る衣が、木蘭(もくれん)染めといい、古くから日本に渡来したことが知られるが、名の由来は漢名木蘭(もくれん)をそのままつかった

花譜(かふ/1694)貝原益軒(かいばらえきけん)著には、玉蘭花(もくれんげ)として「紫白二色あり。花大なり。紫は花よからず。白きをまされりとす」と記述がある

小野蘭山(おのらんざん)の江戸時代には、紅紫色の花を、漢名>木蘭(もくれん)、モクレンゲ、シモクレンとして、白色の花の白木蘭(はくもくれん)を、漢名玉蘭(もくれん)とした


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan