健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ワレモコウ(割木瓜)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ワレモコウ          (バラ科ワレモコウ属:多年草:草丈 〜1メートル:花期 〜10月)

薬効
下痢 火傷(やけど)
分布生育場所
科名:バラ科/属名:ワレモコウ属
和名:割木瓜/生薬名:地楡(ちゆ)/学名:Sanguisorba officinalis
日本全土の日の当たる山野に自生する多年草草本。
奥尾瀬のワレモコウ

バラ科ワレモコウ属シロバナトウウチソウ(白花唐打草)

(←拡大画像はクリックします)-日光戦場ヶ原のシカ

見分け方・特徴

ワレモコウは、全体に無毛で、根茎(地下茎)は横にのびて太く堅くなり湾曲しています、茎は真っ直ぐのびて1メートルに達して、上部でまばらに分岐しています。
葉は互生して長い柄があり、奇数羽状複葉(うじょうふくよう)で全裂、小葉は5〜11枚で形は長楕円形、先は丸くなっています。長さ2〜6センチ、巾1〜2.5センチで、葉縁は鋸歯状となっています。
花は分岐の先に長さ1〜2センチの花序をつくります。色は暗紅紫色で花序(かじょ)の先の方から咲き、花被片4、雄しべ4です。

同属植物には、高山植物のカライトソウ、タカネトウチソウ、ナンブトウチソウ、エゾトウチソウなどの種類があります。


採集と調整
ワレモコウは、10〜11月頃、茎葉が枯れるころに根茎(こんけい)を掘り採り、ひげ根をとり除いてから、よく水洗いして天日で乾燥させます。乾燥した根は不規則な、紡錘形か円柱形でやや湾曲したものとなります。
この乾燥した根茎を、生薬で地楡(ちゆ)といいます。


薬効・用い方
中国の最も古い薬物書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に載せてある薬草で、主として婦人の乳腺炎などの乳痛や帯下(こしけ)の治療に用いると記されています。
また悪肉(おにく・ポリープなどのこと)をのぞき、はれものを療すとあり、止血剤としての利用があったことをうかがわせます。
ですから、主な薬効は、吐血、鼻出血、血痢、やけどなどの治療です。

下痢止めには、地楡(ちゆ)1回量1.5〜3グラムに、水0.2リットルを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めたものをこして、食間に服用します。
また、止血および火傷には、下痢止め用に作った煎液で患部を洗います。

歯ぐきの腫れ、口内炎、扁桃炎などのどの腫れや痛みには煎じ液でうがいをします。
肌荒れ、ウルシかぶれ、草かぶれ、股ずれ、剃刀まけ、靴擦れ、ギンナンかぶれ、あせもなどの湿疹には、煎じ液を塗布して、乾いたら取り替えます。

有効成分:タンニン、サポニンなど


その他
ワレモコウの名前の由来は、古くは吾木香といわれ、われ(日本のこと)の木香の意味とされています。
木香とは、インド産のキク科の植物の根をいい、線香の原料です。

日本の古書「和名抄(わみょうしょう・932)」には、ワレモコウの和名として阿夜女太無(あやめたむ)、一名衣比須祢(えびすね)と出ていて、これに対して地楡(ぢゆちゆ)の漢名をあてています。
漢名の地楡(ぢゆちゆ)とは、小葉がニレに似ていて、地面に見ることができるという意味といわれています。

秋の野草として生け花などにも使われていて、よく知られている多年草になります。
また、春先の出たての若い葉を、塩を入れた熱湯で茹でて、水にさらしてから、ひたし物などにして食べることができます。


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan