健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ウメ(梅)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ウメ        (バラ科サクラ属:落葉性低木:樹高 2〜3メートル:花期 1〜3月)

薬効
かぜ 食欲増進 健胃      
           
分布生育場所

科名:バラ科/属名:サクラ属
和名:梅/生薬名:鳥梅(うばい)/学名:Prumus mume
日本全土。果樹や人家の庭、畑などで広く栽培。

新潟市白山公園・早咲きの梅です。新潟市・白山公園の梅です新潟市蒲原神社の早咲きの梅(雲龍)
越後の七不思議「八つ房の梅」、越つかの酒造の八つ房の梅
梅の園芸品種で花梅の雲竜梅(香篆/コウテン)
ウメ(梅)の園芸品種/紅梅系鹿児島紅梅
実梅の代表的品種ブンゴウメ(豊後梅)



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ウメの、花蕾(からい)は前年の葉のわきに1〜3個つきます。        
花は葉に先立って1、2月頃開き、開花期間は暖地では長く、寒い北部では短い間です。
自家不和合性が強く、同一品種ではあまり結実しないので混植するといいようです。
果実は、心皮(しんぴ)の1枚が成長してできるもので心皮の合わせ目がくい違うため、溝ができます。果実は核と密着します。核は内果皮で木化した厚膜細胞からなっています。


採集と調整
熟す直前のいわゆる青ウメを梅干しや梅酒、梅肉エキスの材料とします。
ウメの、生薬の鳥梅(うばい)は、未熟な青梅をわらを燃やした煙をあてて薫製(くんせい)にしたもので、外面が真っ黒で、こわれやすく、ほぼ2〜3センチの球形であらいしわがあって、強い酸味があります。



薬効・用い方
かぜには、鳥梅(うばい)を水洗いして1〜2個を水0.2リットルで約2分の1ほどに煎じ、熱いうちに飲むと効き目があります。

また、梅干し1〜2個をガス火で金網にのせ、黒くなるまで焼き、熱いうちに茶碗に入れて熱湯を注ぎます。シュウと音を立てて梅干しが崩れますが、これを湯ごと飲むのもよい方法です。

梅肉エキス:青梅をすり潰して、布で汁を絞り、この汁を弱火でゆっくりと煮詰めて飴状にしたものが梅エキスです。または、鳥梅(うばい)1個を、とろ火で煎じて飲用。これは、消化器系伝染病に強い殺菌力があり、健胃、食あたり、暑気あたりなどに良く効き、旅行など旅の常備薬として役に立ちます。

梅干し:日本固有の嗜好品で健康食品の代表といえます。解熱、鎮痛作用があり、含まれるクエン酸、コハク酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸が多いため、清涼感があって食欲を増進し、唾液や胃液の分泌を促進するので健胃薬ともなります。
完熟手前の青梅を塩で漬けて、日に干してからシソの葉で漬け、紅く染めてから、今一度天日で干します。

梅酒:傷のない青梅1〜1.2キログラムを水洗いして、水切りしてからよく乾いたふきんで完全に水気を除き、容器にグラニュー糖400グラム、ホワイトリカー1.8リットルとともに入れ、ふたをして冷暗所におき、半年から1年後に、こしてから飲みます。
中国の青梅酒(ちんめいじょう)は青梅の果実のみを濁り酒に漬け、それに水と砂糖を加えて、2時間ほど煮て冷めてから、こして仕上げたもので、これも健康酒です。


その他
ウメの名前の由来は、漢名の梅(ウメ)、ムイ、メイを日本語読みにして、ウメになったという説や、韓国語で梅(マイ)から、転訛して、ウメになったという説、薬用として黒焼きにした鳥梅(うばい)から転訛して、ウメと呼ばれたという説があります。
また、鳥梅(うばい)とは、未熟果を燻製(くんせい)にしたもので、烏のぬれ羽色のように黒く、つやがあることから、鳥梅(うばい)と名がつきました。

ウメは、中国産の落葉樹で古く日本に渡来しました。最初は薬用として貴重なものでしたが、その後果樹として、広く栽培されるようになりました。
ウメの学名は、江戸時代に長崎の出島に来ていたシーボルトによって、ブルヌメ・ムメとつけられました。
日本に自生する植物という感があります。実をとるための品種は多く、果実の大きなブンゴウメと果実の小さなコウメが良く知られています。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan