健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

モチノキ            (モチノキ科モチノキ属:常緑高木:樹高 〜10メートル:花期 〜4月)

薬効
高血圧 鳥もち
 
分布生育場所

科名:モチノキ科/属名:モチノキ属
和名:黐の木/別名:モチ/トリモチノキ/学名:Ilex integra
本州(宮城県・山形県以南)、四国、九州、沖縄の海岸に近い山地
朝鮮半島南部、中国、台湾に分布

モチノキ科モチノキ属タラヨウ(多羅葉)
モチノキ科モチノキ属クロガネモチ(黒鉄黐)
モチノキ科モチノキ属ソヨゴ(冬青)
モチノキ科モチノキ属アカミノイヌツゲ(赤実の犬黄楊)
モチノキ科モチノキ属ウメモドキ(梅擬)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

本州(宮城県・山形県以南)の暖地の海岸に近い山地の常緑樹林内に自生する、高さ6〜10メートルの雌雄異株の常緑高木
樹皮は、なめらかで灰白色
葉は、互生、倒楕円形、革質、表面は濃緑色、裏面は淡緑色、長さ4〜7センチ、幅2〜3センチ
花は、4月頃、前年枝の短枝の葉腋に黄緑色の小花を密生する、雄花は2〜15個、雌花は1〜4個程度つく
雄花雌花は、花弁4個、がく片4個、雄花の雄しべ4本、雌花の雄しべは退化して小さく雌しべ1本、子房は円筒形
果実は、球形の核果、直径約1センチ、12月頃に真っ赤に熟し、中に約6ミリの三角の楕円形の核が4個あり、種子が1個入っている


      
採集と調整
夏期に樹皮を剥ぎ取り、砕いて日干しにして乾燥させる


薬効・用い方
有効成分は、蝋(ワックス)、トリテルペンアルコールの脂肪酸エステル、ゴム様物質、樹脂質、タンニン。
葉には、ルチンが含まれる

高血圧予防には、乾燥樹皮1日量5〜10グラム、水0.6リットル、半量まで煎じて1日数回に分けて服用する

「鳥もち」
樹皮から「鳥もち」を作り、小鳥を捕ったり、ハエとり紙に利用した
夏季に樹皮を剥ぎ取り、2〜3ヶ月間水につけて腐らせて、臼(うす)でついて砕き、水で洗って粘り気のあるゴム状の物質を集めたものを「木もち」と呼ぶ
「木もち」は、はじめ灰白色で、やがて空気に触れて赤みを帯びる
ハエとり紙、あかぎれの軟膏などに利用する

また、ヨーロッパの「鳥もち」は、セイヨウヤドリキの実を砕いて作る


      
その他
名の由来は、樹皮を腐らせて「鳥もち」を作ることから、モチノキ(黐の木)の名になった

別名には、モチノキ(黐の木)の「鳥もち」は品質が良く最良ということから「本黐(ほんもち)」と呼ばれ、モチやトリモチなどの別名は「鳥もち」を作ることから名がついた

モチノキ(黐の木)の材は硬く緻密なことから、ろくろ細工、櫛(くし)、印材、寄せ木細工の白色材に利用される


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan