健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ナルコユリ(鳴子百合)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

オオナルコユリ      (ユリ科アマドコロ属:多年草:草丈 〜130センチ:花期 〜7月)

薬効
滋養強壮 リューマチ 痛風(つうふう) 薬用酒 山菜
 
分布生育場所

科名:ユリ科/属名:アマドコロ属
和名:大鳴子百合/生薬名:黄精/学名:Polygonatum macranthum
北海道、本州、四国、九州の山地の山林、林下など
本州、四国、九州の山地に自生するナルコユリ



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ナルコユリは、多年草草本で、地下茎は肉質で太く、多肉で白色。
茎は丸く新しい根茎(こんけい)の先から出て、高さは80〜130。
茎は少し傾き、葉は互生(ごせい)して2列になっていて、被針形(ひしん)から楕円形で、長さが15〜30センチ、葉の先端や葉基ともに尖り葉裏は白味を帯びて、脈上にはこまかい突起があってざらつきがあります。
葉の裏の中肋(ちゅうろく)に沿って、ほとんど白斑が入ります。
花は、初夏に葉の脇から花軸(かじく)を出して、2〜6本に分かれて、淡緑色の筒状花を1〜6個垂れ下り、アマドコロより少し小さい。
花被片(かひへん)は、6枚の筒状(とうじょう)で、先端部は分離して緑色です。
花のおしべは6本で花被の筒の中にあり、花糸は無毛で、初めは同じ太さですが開花3日目くらいで下の方が太く先端が細くなります。
果実は液果(えきか)で黒く熟します。
オオナルコユリ、ナルコユリは、アマドコロとよく似ていますが、ナルコユリは茎が円柱状、葉が少し細い、花茎から出た花の上部に小さな突起がある。
また、ミヤマナルコユリは花糸に毛があるところがナルコユリと違う。


採集と調整
花の時期〜茎葉が枯れる10月頃に、根茎を掘り採り、ひげ根を取り、水洗いして大きく刻んで日干しにして乾燥させる
中国の生薬名黄精(おうせい)は、日本には自生は無いが一般的には、ナルコユリを黄精(おうせい)として扱う


薬効・用い方
黄精(おうせい)は強壮薬として病後の衰弱者や慢性病、リューマチ、痛風などの体の弱っている場合に用いますが、ナルコユリの茎葉も同様に滋養強壮に用いることができます。
1日量に10〜20グラムを適量に煎じて飲用します。
ただし、一度に大量に用いたり、長期間連用すると副作用がある場合がありますので適宜の用い方が必要になります。

ナルコユリ酒
根茎(こんけい)約200グラムに砂糖を同量と、ホワイトリカー1.8リットルに漬け込みますが、熟成には6ヶ月以上かかります。
これをこして、1回量を200ミリリットルとして1日3回食間に服用します。滋養強壮、体力増強に効果があるとされています。

乾燥した、ナルコユリの根茎を細かく刻んで、4〜12グラム、水0.4リットルで煎じて1日3回服用する

山菜としては、5〜6月頃の若芽をを摘み採り、揚げ物、塩を入れた熱湯で軽く茹でて水にさらして、和え物、おひたし、油いためにして食べる

栽培:繁殖は、晩秋か春の芽だし前に株分けを兼ねて植え替えを行います。実生(みしょう)による場合には、春に保温した箱などに播種(はしゅ)して発芽(はつが)後に畑などに植え替えます。


その他
名の由来は、アマドコロと同じように垂れ下がる筒状の花が、1〜6個と多いことから、鳴子(なるこ)に見立てた

有名な俳人小林一茶は、この黄精(おうせい)酒であるナルコユリを愛用したといい、一茶の「七番日記(しちばんにっき)」に記述がある
このことから、一茶が、52歳〜亡くなるまでの65歳までの間に3人の妻を迎え、5人の子をもうけたという精力絶倫を知ることができる

江戸時代後期の「燕石襍誌(えんせきざっし)/滝沢馬琴(たきざわばきん)」には、「黄精(おうせい)売、辛皮(からかわ)売、麻売など、予が幼稚(いとけな)かりし比(ころ)まで、春毎に日としてその呼び声を聞かざることなかりし・・・・・」とあり、その頃の江戸川柳には「切見世(きりみせ)へ黄精(おうせい)売は引っこまれ」という川柳がある
当時の黄精(おうせい)売りは、東北南部地方で加工した、ナルコユリの根茎を砂糖漬けしたものを江戸で売り歩いた。
この「切見世(きりみせ)」とは、遊女屋のことで、遊女も客も競って「黄精の砂糖漬け」を精力剤に用いたとこを知ることができる


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan