健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ホップの苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ホップ               (アサ科カラハナソウ属:つる性多年草:草丈 〜 センチ:花期 〜7月)

薬効
健胃 鎮静 利尿
分布生育場所

科名:アサ科(クワ科)/属名:カラハナソウ属
和名:セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)/学名:Humulus lupulus L.(Hop)

ヨーロッパ南部〜西アジア原産
山形、岩手、長野、山梨地方での栽培が多い
北海道、本州中部以北の山地や林縁に自生するカラハナソウ


ホップの花ホップの実
(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

雌雄異株の多年生のつる性で、茎の生長は早く、葉柄には短いかぎ状の毛がある
雄花は、7月ころに枝先に密生して、まり状になり、雌花は、苞の間からブラシ状の柱頭を出してから、苞が重なりマツカサ状毬花(きゅうか)になる
果実は、松毬(まつかさ)状に下がり、薄い膜質の苞(ほう/葉の変形したもの)が重なり合っている。
1枚の苞の裏側には、丸い形の痩果(そうか)が2個あり、花粉のような黄色粒状の顆粒をホップ腺と呼ぶ
日本全土に自生するカラハナソウに似る


採集と調整
8〜9月に、松毬(まつかさ)状のホップ果穂を摘み取り、陰干しして乾燥したものを、布袋に入れて振り、黄色のホップ腺を集める


薬効・用い方
有効成分:ホップ腺には、フムロン、ルプロンの結晶性苦味配糖体(健胃作用)、フムロンは芳香、鎮静作用、ケルシトリン(利尿作用)、ブドウ糖、コリンなど

ビール原料に、ホップ腺は、ほろ苦さや芳香、腐敗を防ぎ、にごりを抑えて、泡立ちをよくするという

健胃、鎮静、利尿には、ホップ腺を1回に0.5〜1.5グラムをそのまま水かお湯で飲む
また、健胃、鎮静には、ホップ果穂1回2〜5グラムに熱湯をそそぎ数分してから飲む


その他
明治4年(1871)に開拓史仮学校(現在の北海道大学)の教頭の、アメリカ人のトーマス・アンチセルが、北海道岩内付近で、ビールの原料のホップの野生を見つけて、これを原料に、ビールを作ったが、苦味が出ないまずいビールになってしまったという。このホップと間違えた雑草は、日本全土に野生する、カラハナソウであった。
その後、明治9年(1876)、ホップの苗を輸入して、北海道で本格的なビール醸造が始まった。

名の由来は、Humulus lupulus L. フルムスは、ホップのラテン語、また、ルブススは、狼の縮小形


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan