健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

オゼヌマアザミ         (キク科アザミ属:多年草:草丈 〜100センチ:花期 〜9月)

薬効
利尿 解毒 止血 滋養強壮 月経不順 子宮筋腫
鼻血(はなぢ) 下血 尿血       
分布生育場所

科名:キク科/属名:アザミ属
和名:尾瀬沼薊/学名:Cirsium inundatum ssp.homolepis
尾瀬の亜高山帯の日当たりの良い湿地に自生する日本固有種

本州中部以北の草原に自生、秋に咲くノハラアザミ、本州東北から中部地域の亜高山、高山の草原のナンブタカネアザミ、本州中部以北の山地の草原に自生するナンブアザミ、本州の沢、川岸などの湿地に自生するサワアザミ、中部、関東の山地に自生するトネアザミ、新潟県阿賀町のノアザミ


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

茎は直立、高さ50〜100センチになる多年草
下部は無毛、上部の枝先にくも毛がある
根生葉は有柄、長さ50〜60センチで花がつくころには枯れる
茎の下部の葉は15〜30センチ、羽状に深裂〜浅裂して、とげ針がつき基は茎を抱く
花は8〜9月茎頂に紅紫色の花を数個上向きにつける
総苞は直径2.5〜3.5センチ、針状の総苞片は7列


採集と調整
秋に根を採取して良く洗い、天日で乾燥したものを、一般に生薬名で薊(けい)と呼ぶ

尾瀬の植物の採取はできない


薬効・用い方
利尿、神経痛などには、乾燥した根を2〜4グラム、水0.4リットルで半量まで煎じて1日3回に分けて服用

腫れ物には、生の根をすり潰して患部に塗布する

健胃薬には、乾燥根を1日量約10グラムを適量の水で煎じて食後30分後に服用する



その他
アザミの名前の由来は、「新撰字鏡(しんせんじきょう)」には「阿佐弥」、「和名抄(わみょうしょう・932)」に「葉には刺(とげ)多し、阿佐美(あさみ)」という記述があり、「植物名の由来(中村浩・1980)」には、「アザムという言葉は、アサマから転訛(てんか)したもので、傷むとか傷ましいの意である」という解説がある
「大言海(だいげんかい)・大槻文彦(おおつきふみひこ)」には、アザミに触ると刺があり痛いめにあう、あざむかれるという意味から、アザミの名になったという

アザミの種類で大部分のものが食べられます。若ければ刺は揚げたり、ゆでたりすれば気になりません。てんぷら、ごまあえ、クルミあえ、からしあえ、油炒め、きんぴらなどです。
芽、葉、根を用いますが、根は1年中利用できますが、強いアクがあるため、ゆでてから米のとぎ汁で一晩さらすといいでしょう。


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan