健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ヨツバヒヨドリ          (キク科フジバカマ属:多年草:草丈 〜100センチ:花期 7〜9月)

薬効
糖尿病予防 腫れ物 発汗・解熱
分布生育場所

科名:キク科/属名:フジバカマ属
和名:四葉鵯/学名:Eupatorium chinense var.sachalinense
本州近畿地方以北〜北海道の山地に自生


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

茎は直立する高さ1メートルの多年草
葉は、茎に3〜4枚輪生し、卵状長楕円形、先端は尖り、葉縁には粗い鋸歯がある
花は、夏〜初秋に、淡紫色の管のような小花が集まって咲く
日本全土の山地、草原に自生する、ヒヨドリバナの変種


採集と調整
夏の開花期に、全草を採取して陰干しして乾燥させる

若葉を山菜として採取


薬効・用い方
有効成分:抗腫瘍性ゲルマクラノイド、ヒヨドリラクトン、クマリンなど

発汗・解熱には、乾燥した全草を10〜15グラム、水0.3リットルで半量まで煎じて服用する
糖尿病予防に、乾燥した全草を刻み、健康茶として飲用

山菜として若葉を天ぷらにして食べる
薬用酒として、乾燥した全草の3倍量程度の、35度ホワイトリカーを入れて、約3ヶ月冷暗所に保存して、健康維持の薬用酒として飲む

中国には、日本のヨツバヒヨドリ・ヒヨドリバナに良く似た、華沢蘭(ファゼラン)という植物があり、母種といい、全草を風邪の解熱に用いられる


その他
名の由来は、ヨツバヒヨドリ(バナ)の花は、フジバカマのように、小さな管のように集まり、それが枯れると良く燃えて、火熾し(ひおこし)の材料になるから、火熾し(ひおこし)から、火を取る(ひおとる)に転嫁(てんか)して、ヒヨドリの名になった
ヨツバは、葉が4枚からで、3枚や5枚の場合もあるが、ヨツバヒヨドリ(バナ)の名がある



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan