健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

イトヒメハギ         (ヒメハギ科ヒメハギ属:多年草:草丈 〜40センチ:花期  〜8月)

薬効
滋養強壮 疲労回復 鎮咳 利尿
分布生育場所

科名:ヒメハギ科/属名:ヒメハギ属
和名:糸姫萩/生薬名:遠志(おんじ)/学名:Polygala tenuifolia
中国原産の多年草、日本では生薬として栽培
日本では、イトヒメハギの近縁種のヒメハギを民間で用いるという



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

イトヒメハギは日本には自生は無い、茎は、根生葉で束生して高さ20〜40センチ
葉は、線形で互生、質は薄く、先端は鋭く尖る
花は、茎の6〜8月ころに、茎の上部にまばらに、青紫色の小花をつける



採集と調整
秋に、地上部が枯れるころ、根を掘り取り、水洗いして天日で乾燥したものを生薬(しょうやく)で、遠志(おんじ)と呼ぶ

日本の山地に自生する、ヒメハギの根も遠志(おんじ)に同様に用いる



薬効・用い方
有効成分は、揮発油、トリテルペノイドサポニン、ガウルテリンなど

一般には、遠志(おんじ)は、漢方薬として漢方処方される

民間では、滋養強壮、病後、疲労回復、咳止め、利尿などに、遠志(おんじ)1日量3〜5グラムを0.6リットルの水で半量まで煎じて、上のかすを除いて食間に3回に分けて服用する

ヨーロッパでは、古くは、ヨウシュヒメハギがあり、民間で催乳や咳止め、発汗、利尿に、根や開花時の全草を用いたという


その他
名の由来は、花がマメ科のヤマハギに似ていて、全体が小形から、姫萩(ひめはぎ)の名になった、また、ヒメハギに似て、葉が糸のように、細いことから、イトヒメハギの名になったという

また、漢名の遠志(おんじ)は、「本草綱目(ほんぞうこうもく・明/中国・1578)」には、イトヒメハギを「この草を服すれば、能(よ)く智を増し、志を強くする。それで遠志と名づけた」という記述がある



 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan