健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

シャクナゲ(石楠花)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

シャクナゲ         (ツツジ科ツツジ属:常緑低木:樹高 〜3メートル:花期 5〜7月)

薬効
有毒
分布生育場所

科名:ツツジ科/属名:ツツジ属
和名:石楠花/学名:Rhododendron metternichii var.hondoense
日本全土の山地、亜高山地域、自生する地域により固有種が多い、庭木などに植栽
滋賀県日野町の鎌掛谷の群生地は昭和6年国の天然記念物に指定された
ハクサンシャクナゲは、日本特産種

ツツジ科ツツジ属レンゲツツジ(蓮華躑躅)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

シャクナゲは、高さ1〜3メートルの常緑の低木で枝は良く分岐
若い枝は褐色で古くなると灰白色になる
葉は、互生、長楕円形で葉質は革質で端が外側に丸まる特徴があり、枝先の葉は数枚輪生する
花は、白色〜淡紅色のロウト状の美花が花柄の先端に5〜12個がびっしりつく
花冠は、5裂、内部上部に斑点があり、雄しべ10、雌しべ1がある
果実は、さく果、円柱形、褐色に熟す


採集と調整
一般的には、有毒に為に用いない


薬効・用い方
有毒部位:葉
有毒成分:グラヤノトキシンTなど有毒ジテルペン
中毒症状:嘔吐、胃腸障害


苦味質アンドロメドトキン他、ウノール酸、オレアノール酸など


その他
名の由来は、枝分かれが多く曲がっていて、まっすぐの枝が1尺もないことから転訛して、シャクナゲの名になったという説、シャクナゲの材で作った箸を用いると子供の癪(しゃく)が治ったなどの諸説があるという
また、石楠花(しゃくなげ)と漢名で書き、これは、漢名の石南花(せきなんか)を誤用して、石楠花と書いて、音読みから、シャクナゲの名になったという説もあるという

漢名「石南花」は、「本草和妙(918)」、「和名抄(932)」では、トビラノキの和名をあて、「花譜(貝原益軒/1694)」ではシャクナゲとして、トベラの葉に似ていると記述している
「本草綱目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう/小野嵐山/1803)」では、漢名「石南」を、和名シャクナン、シャクナゲをあて、古書には、シャクナンとい草の名があると記述している

漢方での強壮剤として知られる、石南葉(せきなんよう)は、オオカナメモチ(バラ科)の植物の葉を乾燥したものであり、シャクナゲ(石楠花)とは違う

高山に自生する、ハクサンシャクナゲは日本特有の種で、シャクナゲと同様有毒なので注意が必要になります


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan