健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

スズラン                (ユリ科スズラン属:多年草:草丈 〜20センチ:花期 〜5月)

薬効
有毒 利尿 強心
分布生育場所

科名:ユリ科/属名:スズラン属
和名:鈴蘭/生薬名:鈴蘭根(すずらんこん)/学名:Convallaria keiskei Miq.
北海道、本州中部以北の原野などの比較的寒い地域
普通に庭などに見られるドイツスズランは、ヨーロッパ原産で広く栽培される


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

地下茎は細く四方に伸びて株を造り細根を出して繁茂する
葉は、根生葉で互生、長楕円形で先端は尖る、高さは10〜20センチ、葉質は厚い
花は、4〜5月ころ、花茎を伸ばして葉より低く数個の白色壺形の芳香のある花を下向きにつける
花には雄しべ6本、雌しべ1本
果実は液果で球形、秋に赤く熟す

日本産のスズランとの違いは、日本種は葉より花が下につき、葯が黄色
ヨーロッパ種は、花と葉が同じ高さで、葯は淡緑色で区別するという

採集と調整
秋に根茎を掘り取り、天日で乾燥したものを、生薬名で鈴蘭根(すずらんこん)と呼ぶ


薬効・用い方
鈴蘭根(すずらんこん)は、強心利尿薬として、1日量、1.5グラムを水0.3リットルで半量まで煎じて3回に分けて服用するというが一般には有毒として用いない

有毒部位:全草。特に根茎に多い
有毒成分:コンバラトキシンにグルコールが結合したコンバラサイドなどのステロイド強心配糖体、コンバラサイドは血液凝固作用があり、多量にとると心不全状態になり死に至る
有毒症状:痙攣、呼吸困難、心不全から死亡する


その他
名の由来は、スズは鈴(すず)で、神事などや祭りに用いられる鈴に花の形が似ているから、スズがつき、葉や花が蘭(らん)に似ているからスズランの名がついた

地方名ではシズランや別名では君影草(きみかげそう)という、この名の由来は、花が葉の下に咲き葉の影に隠れるように見えるからだという

スズランと同様の有毒成分を含有する欧州原産のドイツスズランは、花が葉より上に付くことから区別する

ドイツスズランは、ヨーロッパには古くから用いられていて、リキュールの原料や強心剤などに用いられ、若い男女が恋の成就を願って、5月にスズランを探しにいくという古い伝説もあり、今でも、5月1日にはスズランを贈るという習慣が残っている

スズランは英語では「谷間のユリ」と呼ばれ、また、カトリック地域では「マリアの涙」と呼ばれ、キリストがはりつけにされた十字架で泣き崩れる、聖母マリアが流した涙がスズランになったといいます


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan