健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

アセビ(馬酔木)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

アセビ         (ツツジ科アセビ属:常緑低木:樹高 〜9メートル:花期 〜4月 )

薬効
有毒 農作物の殺中剤
分布生育場所

科名:ツツジ科/属名:アセビ属
和名:馬酔木/別名:アセボ/学名:Pieris japonica
本州の福島県以南から九州に自生。日本固有種。広く観賞用として植栽。
花の色が赤紫色のアケボノアセビ

ツツジ科アセビ属リュウキュウアセビ(琉球馬酔木)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

一般には観賞用として植栽されている常緑の低木。
樹高1〜2、枝は多く分枝して、新枝は緑色をしている。
葉は、長楕円形で厚く革質で先端は尖る。
花は、春3〜4月ころに白色の、スズランに似た、つぼ状の小花を花枝の先に密につける。
花冠は、5裂して、先の方が少しつぼまる。
果実は、平たい球形。


採集と調整
随時葉、小枝を採取して天日にして乾燥する



薬効・用い方
有毒成分は、葉には、苦味質アセボトキシン、グラヤノトキシンV、アセボチン、アセボクエルチトリン
花には、クエルセチン、特に毒性の強い、ピエルストキシンA.B.C

有毒部位:花、葉、茎すべて有毒。
中毒症状:嘔吐、下痢、酩酊状態、四肢痙攣、呼吸麻痺

ハナヒリノキと同様の有毒成分がある

農作物の殺虫として、乾燥した茎葉を10倍量の水で煎じて、さらに、煎じた液を10倍に薄めて、殺虫剤として使用。



その他
名の由来は、「本草綱目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう/1803)」には「万葉集(まんようしゅう)」にはアシミの名をあてて、「古今集(こきんしゅう)」には、アセボの通用名と馬酔木(ばすいぼく)の名。「枕草子(まくらのそうし)」には、アセビの名は土佐の方言という

また、名の由来は、馬が、アセビの葉を食べて中毒を起こして、酩酊状態になったことから、馬酔木(あしび)から転訛(てんか)して、アセビという名になったという説や、食べると、中毒を起こして、足がしびれることから、アシシビレが転訛して、アセビという名になったという説がある

アセビには地方で、アセボ、アシビ、ドクシバ、ウジハライなどがあり、アシビは、人が誤ってこの花や葉を食べると、中毒により足がしびれたことから、アシシビレの名が詰まってアセビの名になったという
また、ウジハライなどは、古くに、アセビの葉の煎じ汁を便所のうじ虫などの殺虫剤や、農作物や家畜の表面に付く害虫の駆除に使用していたことから付いた名

「本草綱目啓蒙」に、アセビの説明がありそれには「菜園に、小長黒虫を生ずるに、この葉の煎液を冷めてから灌(そそ)ぐ時は、虫を殺す」と教えている

沖縄には花の大きい変種であるリュウキュウアセビがあり、各地で変異したアセビが観賞用に植栽されています。



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan