健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ダイコン                 (アブラナ科ダイコン属:越年草:草丈 〜 センチ:花期 〜 月)

薬効
下痢 消化不良 打ち身・捻挫 浴湯料
分布生育場所

科名:アブラナ科/属名:ダイコン属
和名:大根/生薬名:萊菔子(らいふくし)/学名:Raphanus sativus
栽培種は、地中海沿岸の原産といわれ、広く全国で栽培。


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

根から生える根生葉(こんせいよう)は、まとまって伸び、倒披針形(とうひしんけい)で羽状(うじょう)に裂け、粗い毛があります。
花は、春に白色か淡紫色の4弁花を総状花序につけます。
果実は、長角果で中に赤褐色の種子が入っています。


採集と調整
種子を採取して、日干しにして乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、萊菔子(らいふくし)といいます。


薬効・用い方
萊菔子(らいふくし)は、利胆(りたん)、去痰(きょたん)などに、煎じて服用します。

腹痛には、萊菔子(らいふくし)か種子を10粒くらい良くかんで食べます。

生のダイコンは、風邪の初期の発熱、吐き気や胃弱(胃アトニー)、二日酔い、消化促進などに、ダイコンおろしにして、カップ1〜2杯飲みます。
消化酵素のジアスターゼを多量に含むので、デンプン質の消化促進になります。

喉の痛みや腫れには、ダイコンおろし汁で、うがいをします。

打ち身や捻挫などには、ダイコンおろしの、絞り汁で冷湿布して腫れがひいたら、ショウガのおろし汁と混ぜて、温湿布する。

浴湯料としては、冷え性、リューマチ、神経痛に、ダイコンの葉を、陰干しにして乾燥したものを、一握り、鍋で煮出してから風呂に入れて入浴します。

ダイコンあめ:ダイコン1/2を采の目に切り、ハチミツ500グラム程度で漬けます。ダイコンが浮けば、ダイコンのエキスが出るので、ダイコンを取ります。
健胃、慢性下痢、便秘、消化促進、美容などに効き目があるといわれます。



その他
ダイコンは、弥生時代に中国から、朝鮮半島を経て渡来したとされています。

名前の由来は、ギリシャ語のラファノス(容易に生える)という発音から、漢名で萊菔(らーふー)となりました。
古事記(712)には、「打ちし於保禰(おほね)」という記述があり、「おほね」から「大根(おおね)」に鎌倉時代に転訛(てんか)したとされています。

ダイコンは、春の七草のひとつで、日本人には特に親しまれています。
ダイコンの近縁種の、カブには、スズナという別名があることから、ダイコンには、スズ代(しろ)という別名があります。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan