健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

キュウリ                 (ウリ科ウリ属:蔓性1〜2年草:草丈 〜 センチ:花期 7〜8月)

薬効
小便不利 吐剤 やけど
分布生育場所

科名:ウリ科/属名:ウリ属
和名:胡瓜/別名:唐瓜(からうり)/生薬名:胡瓜(こか)/学名:Cucumis sativus
インド西北部原産。各地で野菜として栽培


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

茎は、巻きひげで、他のものにからみついて生長し、粗い毛があります。
葉は、長い柄があり、数箇所浅裂し、葉脈は明瞭、葉縁には粗い鋸歯(きょし)があります。
花は、夏に黄色の花を、やや下向きにつけます。
果実は、液果で、円柱形で、まばらに粗いトゲがあります。


採集と調整
9月ころに、茎葉(けいよう)を採取して、刻んで天日で乾燥させます。

夏に、果実(キュウリ)を採取して、薄く輪切りにして、天日で乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、胡瓜(こか)といいます。


薬効・用い方
有効成分:果実などに苦い物質ククルビタミンC(栽培品種により成分を含まないものがある)、香気は、キュウリアルコール、菫葉アルデヒド。利尿作用のイソクエルシトリンほか

胡瓜(こか)は、腎炎(じんえん)、脚気(かっけ)、むくみなどの場合に、胡瓜(こか)1日量10グラムを適量の水で煎じて服用します。
胡瓜(こか)には、イソクエルチトリンを含み、尿の出を促し、むくみを軽減する作用があるとされています。
また、生の、キュウリの場合には、約40〜50グラムを用います。

乾燥した茎葉は、食あたり、胃のむかつきなどに、1日量10グラムを、適量の水で煎じて服用します。食べたものを吐き下して楽になるとされています。

また、暑気あたりには、キュウリを冷やして、足の裏に張ると良いとされています。

やけどには、果実の汁を塗る。また、七夕のころに、ヘチマ水のように、キュウリ水を作っておいて利用する



その他
キュウリの名前の由来は、インドでは、3,000年も前から栽培されていて、中国では、古書には、張騫(ちょうけん・紀元前2世紀)という人が、「西域の胡(こ)に使して得たる種子で胡瓜と名づけた」という記述があることから、そのころに、インドから中国に渡ったとされます。

日本では、漢名が胡瓜(くううり)となり、それから転訛(てんか)して、キュウリになったという説や、キュウリの果実が熟すと、黄色くなることから、黄瓜(きうり)となったという説があるようです。
また、古名では、中国から渡来したので、唐瓜(からうり)とい名があります。



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan