健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

オオマツヨイグサ   (アカバナ科マツヨイグサ属:多年草:草丈 〜1.5メートル:花期 〜9月)

薬効
かぜ 動脈硬化
分布生育場所

科名:アカバナ科/属名:マツヨイグサ属
和名:大待宵草/別名:ツキミソウ/学名:Oenothera erythrosepala
日本全土の河原、荒地、海浜などいたるところに自生(近年激減した)

アカバナ科マツヨイグサ属マツヨイグサ

(←拡大画像クリック)

見分け方・特徴

明治から大正に帰化したと考えられる北アメリカ原産の越年草というが不明
根は白く太い、茎は太く大きく直立して高さが1.5メートルにも成長し硬い毛があります
葉は、長楕円形で先端は尖ります
花は、8〜9月に、黄色い大型で約8センチで、4弁花、細長いがく筒が柄のように見えます
花は、普通の花と違い、夕方咲いて、翌朝しぼむが赤味を帯びない
果実は、円柱形で熟すと4裂して、黒い種子を撒きます


採集と調整
民間では、秋に地上部が枯れるころ、根を掘り取り、水洗いして天日で乾燥させます。

また、種子は「月見草オイル」の原料として知られています。


薬効・用い方
有効成分:ケンフェロール、クエルセチン、ミリセチンなどのフラボノイドが葉に、種子には脂肪・オレアノール酸、リノール酸、リノレン酸を含有

根を乾燥して刻んだものを、1日量10グラムを約0.4リットルの水で煎じて、風邪をひいたときの解熱剤や声が枯れた時などに服用します
ハチミツやオレンジを入れて、煎服しても、筋骨の強化やアレルギー、神経性ストレス、科学物質・金属などの刺激が原因の湿疹などにも効き目があるとされます

種子は、粘液の分泌をして、種子油は脳血栓や動脈硬化に効果がある不飽和脂肪酸を含みます


その他
マツヨイグサの名前の由来は、花が一般の植物と違い、夕刻に咲いて翌朝しぼむことから呼ばれるようになりました

マツヨイグサの仲間は、すべて花は黄色で夕刻に開き、翌朝しぼみますが、その生態から「月見草」とも呼ばれていますが、ツキミソウとは、江戸時代に観賞用として栽培された白い四弁花のことをいいます

「待てど暮らせど来ぬ人を宵待草(よいまちぐさ)のやるせなさ・・・・・」と歌った、画家であり詩人であった竹下夢二は、岡山県下の群生するマツヨイグサを見て詠いました

マツヨイグサとオオマツヨイグサの違いは、花の大きさが約8センチで、花がしぼんだ後に赤くならないのがオオマツヨイグサです


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan