健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ミソハギ           (ミソハギ科ミソハギ属:多年草:草丈 〜100センチ:花期 〜9月)

薬効
下痢 膀胱炎 むくみ(浮腫・水腫) 小便不利 湿疹(くさ) あせも
分布生育場所

科名:ミソハギ科/属名:ミソハギ属
和名:禊萩/生薬名:千屈菜(せんくつさい)/学名:Lythrum anceps
本州、四国、九州の日当たりの良い野山の水辺、湿地に自生
観賞用に植栽もされています

ミソハギ科ミソハギ属エゾミソハギ(蝦夷禊萩)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

日本各地の湿地に自生する多年草です。
茎は、四角で、直立して80センチくらいになり、上部では枝を出します。
葉は、対生して披針形(ひしんけい)で細く、基部と先短が尖っています。
花は、葉の脈に3〜5個穂状に、5弁花をつけます。

ミソハギに似た植物で、エゾミソハギがありますが、茎や葉に細毛があり、葉の基部が広がって茎を抱くので区別がつきます。エゾミソハギも日本各地に自生しています

採集と調整
開花期に全草の地上部を採取して、天日で乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、千屈菜(せんくつさい)といいます。

薬効・用い方
有効成分は、配糖体サリカイリン、タンニン、コリンなどを含み、花の色素は配糖体アルビジン

下痢止め、急性腸炎、膀胱炎、むくみなどには、千屈菜(せんくつさい)を1日量約20グラム、水0.5リットルで半量まで煎じて、かすを除いて1日3回に分けて服用します
この煎じ液を、冷やして、ガーゼなどに浸して冷湿布すると、あせも、靴擦れ、股ずれ、草かぶれなどの湿疹、かぶれや切り傷などの止血に効果があります

細菌性赤痢などには、千屈菜(せんくつさい)に酸化鉄やタンニンを加えて用いると、強い止血作用や収斂(しゅうれん)作用があるとされます

夏場などの、のどの渇き止めなどには、千屈菜(せんくつさい)1日量5〜10グラムを適量の水で煎じて服用します。夏は冷やして、冬は暖めて、茶剤として用います

食用としては、若苗を摘み取り、熱湯で茹でてから水にさらしてアク抜きをしてから調理します
あえもの、炒め物、佃煮などにして食べます
ミソハギの、花はそのまま生か、軽く熱湯を通してサラダなどにして食べます

その他
ミソハギは、お盆の花として、全国で広く用いられていて、ボンバナ、ボングサ、ミズバナなどと呼ばれています

ミソハギという和名の名前の由来は、溝萩(みぞはぎ)からという説と、禊萩(みそぎはぎ)という説とがあります
近畿地方の一部では、ミソハギをミソギと呼んでいます。祭事には、この花を飾り、汚れを払うための禊(みそぎ)に用いたという記録が残っています
また、各地に伝えられる風習では、盆飾りなどの供物に、この花の花穂(かすい)で水を注ぐといいます
このことからも、祭事や盆飾りなどの供物を清める、禊萩(みそぎはぎ)という意味から名づけられたと考えられます

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan