健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ミツマタ(三椏)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ミツマタ       (ジンチョウゲ科ミツマタ属:落葉低木:樹高 〜2メートル:花期 〜4月)

薬効
眼一般 解熱・消炎
分布生育場所

科名:ジンチョウゲ科/属名:ミツマタ属
和名:三椏/三叉/生薬名:新蒙花(しんもうか)/蒙花株(もうかじゅ)/学名:Edgeworthia chrysantha
比較的暖地で日本紙や観賞用として栽培


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ミツマタの多くの枝は3出します
葉は、長楕円形で全縁(ぜんえん)、長さ13センチくらいで表面は緑色、裏面は灰白色で細毛があり、秋には枝端に花芽(かが)がつきます。
花は、早春に葉の出る前に咲き、まり状に集まって枝の端に丁字(ちょうじ)形につきます
花の、筒状部は長さ約7ミリで花弁(かべん)状のがく片で、外側は蜜毛で覆われ白色で、内側は黄色です
雄しべ8個、がく筒の内面に4個づつ上下2段につき、花柱は長く花外に出ます。
果実は、あずき粒大の痩果(そうか)が夏に熟します。


採集と調整
早春、開花期の花蕾を採取して乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、新蒙花(しんもうか)、蒙花株(もうかじゅ)といいます
新蒙花(しんもうか)は、中国市場に多く見られ、根も薬用に用います

栽培:栽培地は主に、四国、山陰地方に多く栽培されていて、樹陰で湿気の多い場所でよく育ちます
実生(みしょう)は、7月下旬にとった種子を砂と混ぜて土中に保存して、翌春3〜4月にまきます
挿し木の場合には、落葉後に1年枝で分岐した部分を切り先端を除いて、約20センチの長さのものを赤土に挿し木します


薬効・用い方
解熱(げねつ)、消炎、眼病薬として緑内障、鳥目(とりめ)などに用います
1日量を2〜3グラムとして煎じて服用します


その他
ミツマタは、中国原産の落葉低木で、コウゾとともに日本紙の重要な原料になっています
ミツマタの靱皮(じんぴ)繊維は短いので手漉き(てすき)の場合でも、機械漉きの場合でもよく適します。ミツマタの紙は虫に食われず丈夫紙になります

紙幣用の紙としては、実生(みしょう)から3〜4年目に伸びる長い枝を秋に採取して、皮をはいで、釜で蒸して、水でよくさらしてから、よく叩いて繊維をほぐして泥状にしたものに、トロロアオイの根から取った汁液を混ぜて紙を漉きます
これが紙幣用の原料で上質で丈夫な紙になります

また、美濃紙は、コウゾに少量のミツマタを入れて漉いたものです
慶長年間(1614年)には、ミツマタが製紙に利用されていますので、日本に製紙技術が渡来したのは、それ以前と考えられますが、その時期に関しては明らかではありません
飯沼慾斎(いいぬまよくさい・1783〜1865)は、「草木図説(そうもくずせつ)」草部を発刊して、次に木部を発刊する予定でしたが発刊するには至りませんでした
木部が発刊されたのは、昭和52年北村四郎編註によるもので、今日では「草木図説」の草部、木部の完成となりました
その木部には、ミツマタの記載があり、別名ムスビギ、黄瑞香(こうずいこう)として「高サ七八尺、本幹枝叉皆三椏、葉夾竹桃葉ニ似テ大ニシテ両頭尖リ、長六七寸、枝柔ニシテ結ビテモ折レズ、故ニムスビギノ名アリ、皮ヲ以テ紙ヲ造ルニ多ク用ユ」とあります

現在は、花が美しいので早春の花木として植栽もされていて、暖地の山野には野生化したものもあります


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan