健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ダイコンソウ             (バラ科ダイコンゾウ属:多年草:草丈 〜60センチ:花期 〜8月)

薬効
下痢 尿道炎 むくみ(浮腫・水腫) 小便不利 湿疹(くさ)
分布生育場所

科名:バラ科/属名:ダイコンゾウ属
和名:大根草/生薬名:水楊梅(すいようばい)/学名:Geum japonicum
北海道から九州まで全国の山野、道端などに普通に自生する多年草


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

茎は直立して50センチくらいになり、全体に毛が少しつく。
根から生える根生葉(こんせいよう)や茎の下部の葉は葉柄(ようへい)が長く羽状(うじょう)に裂け鋸歯(きょし)があり、ダイコンの葉に似ています。
茎の上部の葉は、葉柄(ようへい)が短く心臓形です。
花は6〜9月に茎頂(けいちょう)に分岐した花梗(かこう)の先に、黄色の直径2センチくらいの5弁花をつけます。
雌雄ずいは多く特徴があり、雄しべの花柱(かちゅう)に1〜2ミリの腺毛があって、先がかぎ状の曲がり白い毛がある頭柱があります。
花が終わると頭注は落下して、花注は5〜6ミリになり、かぎ状のため衣類や動物につきます。
果実は多数の痩果(そうか)が集まった集合果になります。


採集と調整
6〜7月の開花期に全草を採取して、水洗いして天日で乾燥して、2〜3センチに断裁して保存します。
これを生薬(しょうやく)で、水楊梅(すいようばい)といいます。


薬効・用い方
水楊梅(すいようばい)は、利尿(りにょう)、止瀉(ししゃ)薬として、腎臓病、浮腫(ふしゅ)、膀胱炎(ぼうこうえん)、下痢に刻んだもの1日量15〜20グラムを、水0.4リットルで、約2分の1量まで煎じて1日3回食前か食間に服用します。
乳幼児の湿疹(しっしん)や皮膚病には、全草約200グラムを4〜5リットルの水で約3分の2量まで煎じて、患部を何度も洗浄します。

食用:てんぷらやあえものにします。春に茎が伸びない若い葉を摘み取り、良く洗い水気を拭きとり、両面に衣をうすくつけ、低温でゆっくり揚げて天ぷらにします。
また、茹でてからさらして、アク抜きしたものを、すりごま、練りからしとあえて、からしあえなどにして食べます。


その他
ダイコンソウは、全国の山野や道端などに普通に見られる多年草で、北海道から九州まで、また、朝鮮半島、中国などにも分布しています。

ダイコンソウの名前は、根から生える根生葉(こんせいよう)がダイコンの葉に非常に良く似ていることから、この名前で呼ばれるようになりました。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigasi,nishiku,Niigata-city,Japan