健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ノイバラ        (バラ科バラ属:落葉性小低木:樹高 〜2メートル:花期 〜5月)

薬効
はれもの・できもの 小便不利        
           
分布生育場所

科名:バラ科/属名:バラ属
和名:野薔薇/生薬名:営実(えいじつ)/学名:Rosa multiflora
日本全土の日の当たる丘陵地、山野に自生する野生バラの代表種、地方による変異が多く、フジイバラ(関東、近畿、四国)、ツクシイバラ(四国、九州)、ミヤコイバラ(中部以南、四国、九州)、ヤブイバラ(近畿地方以西)があります。



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

ノイバラは、2メートルくらいに伸びる落葉樹で、よく枝分かれして、鋭いトゲがあります。
葉は互生し、奇数羽状複葉で、小葉は5〜9枚、形は楕円形か広卵形で先は尖っています。
葉縁は鋸歯状、上面は光沢がなく、下面に短毛が生えています。托葉は披針形で細く裂け、毛があります。
葉の表面に光沢があり、地面を平伏するようにのびるものを、テリハノイバラとして区別しています。
5月ころ花は分岐した先に円錐花序をつくり、花弁は5でほのかな香りがし、がく片は披針形でそりかえり、毛が密生しています。雄しべは多数。
秋に紅色に熟す球形の偽果(小房以外のものが、果実にみえるよう変化したもの)を結びます。

テリハノイバラは、海岸の砂地や山野の崖によく見られますが、花はノイバラより遅く6月ころに咲き、ノイバラより多少大きめの楕円形紅色の偽果をつけます。ノイバラ同様に偽果を薬用に用います。


採集と調整
ノイバラは、秋に偽果(営実)が深紅色に熟す一歩手前、少し青みががったのもある頃に採取して、日干しにします。
テリハノイバラ(関東以西の海岸砂地)、ヤマテリハノイバラ(関東・東海地方)、フジイバラ(富士・箱根以西)、ツクシイバラ(九州地方)などの偽果も同様に薬用とします
これを生薬の、営実(えいじつ)といいます。

栽培:ノイバラは、さし木によってふやすことが簡単にできます。3月ころに、前年の枝を3芽ほどつけて切り、鹿沼土(かぬまつち)にさし木をします。根がでたら、鉢か露地に植えます。用土は、鹿沼土と川砂を半々に混合した物を使用して、肥料は油粕を与えます。
ノイバラは、日当たりのよい場所を好むので、よく日の当たる場所を選ぶ必要があります。


薬効・用い方
有効成分:フラボン配糖体・ムルチフロリン、クエルセチン・ルチノサイド、紅色素のリコピンほか

ノイバラは、利尿、下剤に1日量2〜5グラムを煎用しますが、かなり急激な下剤(フラボン配糖体による)効果がありますから、必ず薬局などで専門家に相談してから使用して下さい。
できもの、にきび、はれものには、煎汁で患部を洗います。
中国では春に咲く花を採取し、日干しにして「薔薇花」(ショウビカ)と呼んで薬用にしています。

ノイバラの、芳香性の成分は、ハマナスの精油中の成分に似たものを含み、下剤や健胃薬に用い、花を蒸留して得た薔薇水(しょうびすい)は口内炎によいとされています。

ノイバラ酒:生の果実を1キログラム、ホワイトリカー1.8リットル、グラニュー糖250グラム、ハチミツ200グラム、レモン5個を3ヶ月以上熟成してから、布でこして利尿、腎臓病、解毒、解熱、便秘などに、1日盃1〜2杯を飲用。また、生の花100グラムにホワイトリカー1リットルを、3ヶ月冷暗所に熟成し、布でこしてから飲用

洗浄はノイバラの乾燥した果実2〜5グラムを、0.4リットルの水で煎じて、おでき、にきび、腫れ物のに、煎じ液で洗浄する。


その他
名前の由来は、日本全国の野山に自生している、イバラ(刺の意味)ということから、ノイバラという名がついたという

ノイバラは、4〜5月に純白の5弁の、ほのかな香りのある花を開き、多くの花が集まって全株満開に咲いたときはみごとな風景になります。
ノイバラは、川辺や山林のへりの日当たりのよい場所に好んで自生します。

学名「ローザムールチフローラ」は、「多くの花がつくバラ」という意味で、一般にはノバラの名として知られています。

ノイバラは、非常に作用が激しく、多量の使用と、子供に使用することは避けます。また、民間での使用は避けるべきです。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan