健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

シラン           (ラン科シラン属:多年草:草丈 〜50センチ:花期 〜6月)

薬効
鼻血(はなぢ) 火傷(やけど) ひび・あかぎれ      
           
分布生育場所

科名:ラン科/属名:シラン属
和名:紫蘭/生薬名:白芨(びゅくきゅう)/学名:Bletilla striata
本州の中部以西、四国、九州の日の当たる草地、湿原、崖などに自生。また、栽培もされます


新潟駅南口のシランサッカービッグスワンの近道です

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

シランは、地下には少し偏平な形をした仮鱗茎があって、1年ごとに1球づつ増えていきます。
球の茎は2〜4センチで、その球から根が出ています。茎は真っ直ぐのびています。
葉は4〜5枚が根生しています。葉の形は広披針形で先は尖り、基部は鞘状で茎を抱き込んでいます。長さ20〜30センチ、巾3〜5センチ程で縦に平行脈が何本もあり、葉縁は全縁です。
花は茎頂に6〜7個紫色の総状花序をつくります。花の径は約3センチ、花被片5は半開していて、形は狭楕円形で長さ2.5〜3センチ、巾6〜8ミリで先は尖っています。唇弁はやや色が淡く、3浅裂して、ふちは内側にまがり込んで、ずい柱(ラン科植物で花柱に相当する器官)を抱え込んでいます。


採集と調整
シランの、鱗茎(りんけい・白きゅう)を8〜11月頃に掘り採り、茎、ひげ根を除き、水洗いした後、蒸してから外皮をはいで、天日で乾燥させます。
これを生薬(しょうやく)で、白芨(びゅくきゅう)と呼びます。かむとやや苦い味がします。


薬効・用い方
白岌(びゅくきゅう)には、粘液質が多く皮膚や粘膜を保護する作用があり、保護により痛みを止めたり、はれを治すことになります。また、内外出血にも止血作用があり、喀血、止血、鼻血、胃、腸の穿孔にも用いらています。
出血には1日量3〜10グラムを、水0.4リットルを加えて、煎じながら約半量まで煮詰めてこしたもの、又は粉末を1日3回食間に服用します。
外用には、火傷には粉末を油、あかぎれには水で練って塗ります、肌に使用する場合にはパッチテストを必ずしてください

胃潰瘍による出血には、白きゅう(びゅくきゅう)を配合した潰瘍出血湯を用います。白きゅう12グラム、白芍(びゃくやく)9グラム、陣棕炭(じんそうたん)9グラム、当帰炭(とうきたん)9グラム、阿膠9グラム、党参(とうじん)9グラム、黄耆(おうぎ)12グラムとなって
習慣上、白岌(びゅくきゅう)には鳥頭(うづ)や附子(ぶし)とは配合しません。

中国では、気管支拡張症で咳嗽(がいそう)や血痰を伴う場合には、粉末を1日3回3グラムまでを服用します。


その他
中部以西の湿原、崖などに自生する地上性蘭の一種で地下には仮鱗形(かりんけい)があり、1年ごとに1球ずつ増えます。

シランの名前の由来は、花の色から、紫色の蘭(らん)ということから、紫蘭(しらん)と呼ばれています。

庭園には観賞のために植栽されます。日本には古くから栽培されていて、シロバナシラン、フィリシランがあります。


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan