健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ナンテンハギ       (マメ科ソラマメ属:多年草:草丈 〜90センチ:花期 〜10月)

薬効
めまい 疲労回復 山菜
分布生育場所

科名:マメ科/属名:クサフジ属
和名:南天萩/別名:フタバハギ/アズキナ/学名:Vicia unijuga
北海道、本州、四国、九州の山地
朝鮮半島、中国〜シベリア東部、サハリンに分布

マメ科ソラマメ属クサフジ(草藤)
マメ科ソラマメ属カラスノエンドウ(烏の豌豆)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

高さ50〜90センチになる多年草、地下には木質の太い根茎があり茎には稜がある
葉は互生、2枚の小葉のつく羽状複葉、小葉は広披針形〜卵形、長さ4〜7センチ、幅1.5〜4センチ、洋紙質でふつう全縁、毛がつく
花は、6〜10月葉腋から長さ2〜4センチの総状花序を茎の片方につけ、紅紫色の蝶形花を数個つける
長さ1.2〜1.8センチ、苞は長さ約1ミリ、開花前に落ちる
莢果は、狭長楕円形、長さ2.5〜3センチ、中に球形の黒褐色径約3ミリの種子が3〜7個ある

採集と調整
秋頃に開花期の全草を抜き取り、刻んで水洗いして天日で乾燥する
山菜には春の若芽を採取

 
薬効・用い方
有効成分は、葉にはフラボン・ルテオリンの配糖体、種子にはアミノ酸ガンマ・ハイドロオキシオルニチンを含む

めまいや疲労回復には、1日量5〜10グラム、水0.6リットルで半量まで煎じて、1日数回に分けて服用する

岐阜県や飛騨地方、高山市から古川町付近では、ナンテンハギの若芽を、アズキナと呼び、まろやかな甘味と青豆のような香りがあり、古くからアズキナ(小豆菜)の名で親しまれていて、山菜料理やお土産の加工品が朝市、駅弁に利用されていて飛騨高山では盛んに栽培されている

山菜としてタラノメ、ウド、ウルイなどが知られているが、ナンテンハギの若芽も旨い
春の柔らかい若芽は、そのまま天ぷら、揚げ物、バター炒め、塩茹でして煮びたし
蕾や花は、熱湯をくぐらせ、辛子ドレッシング、甘酢などで食べる

その他
名の由来は、葉をナンテンの葉に見立て、ナンテンハギ(南天萩)の名になった、別名の、フタバハギ(二葉萩)は、羽状の葉が2枚つくことから

また、飛騨地方の、アズキナ(小豆菜)は、若葉を煮ると、小豆(あずき)を煮たときの匂いがすることから付いた

 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan