健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

チョロギ(千代呂木)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

チョロギ       (シソ科イヌゴマ属:多年草:草丈 〜60センチ:花期 〜9月)

薬効
打撲 食用
分布生育場所

科名:シソ科/属名:イヌゴマ属
和名:千代呂木/学名:Stachys sieboldii Miq.
中国原産の多年草。全国各地で栽培

シソ科シロネ属エゾシロネ(蝦夷白根)

(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

地下には白色のジュス球状になる塊茎がある中国原産の多年草
茎は直立して高さ約60センチ、4稜、下向きの刺が生え触れるとざらつく
葉は対生、卵状披針形、先端は尖り、葉縁には鋸歯がある
花は、7〜9月上旬頃に、シソ科の唇状の淡紅紫色の花をまばらにつける

採集と調整
夏〜秋に、地下のジュス球状の塊茎を掘り取り、洗い生のものをそのまま用いる

 
薬効・用い方
有効成分は、塊茎には、糖質・スタキオールが多量に含まれていて、体内でブドウ糖に分解する。他にタンパク質2.5%などを含む

打撲には、生の塊茎を、すりおろして患部に直接塗貼する

食用には、正月のおせち料理に、赤く梅酢漬けにしたチョロギは黒豆とともに用いられる

 
その他
名の由来は、朝鮮語の「ミミズ」を「チョロイン」と呼び、その「チョロイン」が語源という説がある

チョロギは、江戸時代に中国〜朝鮮から渡来した

農業全書(1696)には、「甘露子(かんろし)、甘露子又草石蚕(そうせきさん)とも地瓜児(ぢかじ)とも云ふ。今俗に、てうろぎと云う物なり。苗の時四五寸長じて後は茎ながくつるのごとし。かどありて節ごとに葉向ひ合ひて生じ、薄紫の小花をひらく・・・」という記述がある
「チョロギ」の名が出てくるのは、「本草綱目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう/1803)」からで、その前は甘露子(かんろし)、草石蚕(そうせきさん)、地瓜児(ぢかじ)〜「てうろぎ」〜「チョロギ」の名に転嫁したとこが解かる

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan