健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

イソツツジ         (ツツジ科イソツツジ属:常緑小低木:草丈 〜50センチ:花期 〜6月)

薬効
有毒
分布生育場所

科名:ツツジ科/属名:イソツツジ属
和名:磯躑躅/学名:Ledum palustre ssp.diversipilosum var.nipponicum
北海道、本州東北地方の亜高山帯〜高山帯の高層湿原や林縁に自生する日本固有種

ツツジ科ツツジ属レンゲツツジ(蓮華躑躅)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

北海道、本州東北地方の亜高山帯〜高山帯の高層湿原、湿った斜面や林縁などに自生する常緑の小低木
幹の高さ30〜50センチ、密に枝を分け葉をつける
葉は、長さ1.5〜5センチ、幅0.5センチ、披針形、葉縁は全縁で裏面に巻き裏面には毛がある
花は、6〜7月頃、枝先の総状花序に、直径約1センチの白色花を多数つける
花弁5個、雄しべ10個、雌しべ1個、子房は楕円形で密腺毛が密生し蜜は有毒


採集と調整
有毒であり採取しない


薬効・用い方
有毒部位:花

有毒成分:花はロードジャポニンT〜Vなどの有毒ジテルペン、葉はアンドロメドキシン
     
中毒症状:嘔吐、酩酊昏睡、呼吸困難、全身痙攣・麻痺など死に至る場合もある


その他
名の由来は、北海道、本州東北地方の亜高山帯〜高山帯の高層湿原などに多く自生することから、磯(いそ)に見立てた躑躅(つつじ)から

アジア東北部に自生があるという文献や葉の裏面に白色と褐色の毛が混生するものを、エゾイソツツジ(別名カバフトイソツツジ/var.diversipilosum)と呼び、北海道、サハリン、南千島に分布するものを区別するという文献もある


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan