健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ヤマブキ(山吹)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ヤマブキ            (バラ科ヤマブキ属:落葉低木:樹高 〜2メートル:花期 〜5月)

薬効
止血  利尿
 
分布生育場所

科名:バラ科/属名:ヤマブキ属
和名:山吹/学名:Kerria japonica
北海道・南部、本州、四国、九州の山地の斜面、谷川沿いの湿った場所
中国、朝鮮に分布

バラ科ヤマブキ属ヤエヤマブキ(園芸品種/八重山吹/Kerria japonica f.plena)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

山地の斜面や谷川沿いに普通に自生する落葉低木で庭木や公園などにも植栽される
樹形は株立ち状になり高さ1〜2メートル、新枝は緑色で稜があり褐色に変わり3〜4年で枯れる
葉は、互生、鮮緑色で倒卵形〜長楕円形、長さ4〜8センチ、幅2〜4センチ、先端は尖り、葉縁に重鋸歯があり、葉質は薄い
花は、4〜5月、前年枝の側枝の先端に直径3〜5センチの鮮黄色の花が1個ずつつく
花弁は5枚で倒卵形、雄しべ多数、花柱約7ミリ
果実は、そう果、1〜4個つき長さ約4ミリの楕円形、9月頃に暗褐色に熟す


採集と調整
花の開花期に花や葉を採取して日干しにして乾燥させる


薬効・用い方
花の有効成分は、花の黄色色素は、カロチノイド・ヘレニエン、ルチン、パルミチン酸など

日本での民間薬として古くから、切り傷の止血剤として用いられていた
乾燥した花を揉んで直接幹部につけるか、乾燥した花に煎茶を約3分の1量を混ぜて、煎じた液で患部を洗う

利尿には、花や葉を乾燥したものを、約10〜15グラム、水0.4リットルで煎じて1日3回飲用する

茎の髄は太く、白色で柔らかい、顕微鏡用の切片を切り取るときの、ピスに使われる
他に、ピスに使われる木には、ニワトコやキブシがある


その他
名の由来は、古名には、山振の漢字があてられていて、由来は、風に鮮黄色の花がつくしなやかな枝が揺れる様子を名にあて、山振が転訛(てんか)して、山吹(やまぶき)の名になったという

古代には、「振る」という語と、「ふく」という語は、同じ意味に用いられていた

「万葉集」には、「花咲きて実はならねども 長き気(け)に念(おも)ほゆるかも 山振(やまぶき)の花」(巻十)など、ヤマブキを詠んだ歌が一七首ある

「万葉集」の中でヤマブキには、「夜麻夫伎」、「夜麻夫枳」、「山吹」の漢字があてられているが、実がならないことから、八重山吹(ヤエヤマブキ)バラ科ヤマブキ属のことを詠んでいる

江戸城を築いた太田道灌の有名な山吹の話にでてくる「七重八重 花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」が知られる


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan