健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

カカオ/カカオノキ     (アオギリ科カカオ属:常緑小高木:樹高 〜10メートル:花期 〜 月)

薬効
ココア  カカオ脂 製薬原料 疲労回復
 
分布生育場所

科名:アオギリ科/属名:カカオ属
和名:カカオノキ/ココアノキ/cacao/学名:Theobroma cacao
南アメリカ熱帯地方原産。日本では、植物園の温室で栽培される
カカオノキは、熱帯地方全域で主要な農産物であり年に2度果実を採取する


カカオの花カカオの果実
(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

南アメリカ熱帯地方原産の常緑小高木。高さ6〜10メートル
気温28度以上の高温多湿の肥沃地に自生
葉は、互生、長さ30センチになる大型の長楕円形、先は尖る
普通の植物と違い、太い幹に直接花がつき、大きな果実が太い幹に直接つく
花は、がくは桃色、花弁は黄色の5弁花、雌しべ1本、雄しべ10本で5本は退化して目立たない
花は年間開花するが、結実200〜300花に1個程度でまれにしか結実しない
果実は、長さ約20センチ、直径約10センチの長楕円形で縦溝が明瞭、橙黄色〜濃黄色に熟し、中は5室に分かれ20〜50個の種子がある

この木の種子から、チョコレートやココアが作られる


      
採集と調整
橙黄色〜濃黄色に熟した果実の中の種子を使う



薬効・用い方
有効成分は、種子にアルカロイドのテオブロミン約3%、カフェインは約0.08%と少ない、脂肪約50%、デンプン、たんぱく質、タンニンなどを含む

果肉には、キサンチン、不揮発油やカカオの風味の多くの成分を含む


種子を木箱で4〜5日発酵させると、香気が出て表面が赤褐色になるので、水洗いして乾燥したものをカカオ豆と呼ぶ

カカオ豆を炒って種皮を除いて、すりつぶしたものが、カカオ・ペースト
この、カカオ・ペーストを圧搾すると、脂肪分と残物に分けられ、脂肪分は、カカオ脂(し)(カカオバター)と呼び、残物は、乾燥して粉末したものを、ココアと呼ぶ

カカオバター(カカオ脂)は、人の体温で軟化し、変質しにくい性質があり、痔の座薬原料、ペッサリーの基剤、リップクリームや化粧品の基礎剤などに用いられる

ココアは、熱湯で溶かして飲む

チョコレートは、カカオ・ペーストに、砂糖、ミルク、香料を加えて固めたもの


その他
名の由来は、中央アメリカの、アステカ族やマヤ族が、この木や果実を、カーカーアトル(Ka-Ka-atl)やカカウ(cacau)と呼び、この名が転訛(てんか)して、スペイン語名カカオ(cacao)になった
この、スペイン語名カカオ(cacao)が、ヨーロッパに渡り、カカオ(cacao)が、そのまま和名になった

また、チョコレートの名の由来は、メキシコ先住民のアズテク人が、この木を、チョコラトゥル(chocolatl)と呼んでいたことから転訛(てんか)して、チョコレートの名になったという



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan