健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

コムラサキ   (クマツヅラ科ムラサキシキブ属:落葉低木:樹高 〜2メートル:花期 〜7月)

薬効
寄生性皮膚病
分布生育場所

科名:クマツヅラ科/属名:ムラサキシキブ属
和名:小紫/別名:コシキブ/学名:Callicarpa dichotoma
本州の岩手県以西、四国、九州、沖縄の山地、日当たりの良い湿地、庭木に植栽
台湾、朝鮮半島、中国南部に分布


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

本州の岩手県以西の山麓や湿地などにまれに見られる落葉低木
高さ1〜2メートル、若い枝には毛がある
葉は、柄があり対生、薄く、長楕円形、 長さ3〜7センチ、葉脈に短毛があり、裏面に腺点があり、両端は尖り、葉縁 の上半分には鋸歯がある
花は、葉腋の少し上に、淡紫色の小花を集散花序に多数つけ、少し芳香がある
果実は、核果で球形、直径3ミリ、紫色に熟す、秋に葉が落ちても少しの間残り、美しい
秋〜冬の果実が美しいことから庭木に植栽される

ムラサキシキブとの違いは、コムラサキは、果実の径が少し小さく、葉の上半分に鋸歯があり葉柄の半分は無縁


採集と調整
夏に小枝、葉を採取して洗い、天日で乾燥させる

緑葉は、染料に用い、材は、ノミの柄にする


薬効・用い方
有効成分は、ジテルペノイド・カリカルポン、フラボノイド・ハイドロオキシテラオキシフラボンなどを含有するという

寄生性皮膚病には、生の葉を潰して、葉の汁を患部に塗布する
乾燥した枝・葉を、適量の水で煎じた液を患部に塗布する


その他
名の由来は、優雅な紫色の果実を、平安時代の才女、紫式部の名を借りたという説がある

方言辞書「物類称呼(1775)」越谷吾山(こしがやござん)著には、ムラサキシキブを「玉紫。京にてムラサキシキミと呼ぶ」という記述があり、シキミとは、重実(しげみ)の意味で、重いように実が枝に多く付く様子から、シゲミが転訛(てんか)して、ムラサキシキブの名になったという説もある
ムラサキシキブの小型から、コムラサキの名になった


コムラサキの熟した果実を採取して、リキュールを作る。3倍量の35度ホウイトリカーと氷砂糖少し入れて、3〜4ヶ月程度で、ハーブの香りのするリキュールができるという

南太平洋のヤップ島、パラオ島では、野生する、ムラサキシキブやコムラサキ属の枝葉を、石で叩き潰した汁を流して魚を採る
ムラサキシキブの同属の植物は、魚には有毒で人には無毒であり、水に浮いた魚を集めて食べる


左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan