健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ウチワサボテン      (サボテン科ウチワサボテン属:草丈 〜 センチ:花期 〜 月)

薬効
咳止め 解熱
分布生育場所

科名:サボテン科/属名:ウチワサボテン属
和名:団扇仙人掌/学名:Opuntia
南アメリカ、北アメリカに分布、170属1200種以上あるという
日本では暖地、温室などで栽培される



(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

肉厚で楕円形の茎が、うちわをつなげたように見える
大きな刺と小さな刺が、まばらに集まる


採集と調整
必要なとき随時、茎の刺を取り去り、生のまま摩り下ろす


薬効・用い方
風邪の咳止め、解熱には、生の茎を摩り下ろして、1回約10グラムを服用する

最近は、糖尿病などの生活習慣病にも効果があるという

ウチワサボテンの果実や茎をピクルス漬にして、沖縄や九州で特産品として加工されている


その他
名の由来は、茎を切った切り口が、油汚れを良く落としたことから、シャボン(石鹸)に見立てて、シャボンから転訛(てんか)して、サボテンの名になったという

日本に渡来した年月は不明で、「花譜(かふ・元禄7年・1694)」貝原益軒著には、サボテンを「覇王樹(はおうじゅ)」の名の記述があることから、1694年以前には渡来したという

「大和本草会識(やまとほんぞうえしき・1783)」小野蘭山には、サボテンの名の記述がある

臙脂(えんじ) とコチニールカイガラムシ(エンジムシ)
ウチワサボテンなどのサボテンに寄生する、カイガラムシの一種が出す赤い色素が染料として知られる臙脂(えんじ)です。
近年、食品などに用いられる、赤色の化学色素は有害といわれ、使用が制限されるようになり、この臙脂(えんじ)が、コチニールとして食品や化粧品などに用いられています
特に、サボテンに寄生するエンジムシから採れる色素の、コチニールは、古代インカ帝国などや、中南米でも使用されていて、古くから、臙脂色(赤)の染料として用いられていた



左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan