健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ツルボ                (ユリ科ツルボ属:多年草:草丈 〜40センチ:花期 〜9月)

薬効
腰痛 ひざの痛み 打撲傷 食用
分布生育場所

科名:ユリ科/属名:ツルボ属
和名:蔓穂/学名:Scilla scilloides
日本全土の山地の日当たりの良い場所に自生

ユリ科ツルボ属ハマツルボ(浜蔓穂)


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

りん茎は卵球形、長さ2〜3センチ、外皮は黒褐色の球根が地下にある
茎の高さは20〜40センチ、葉は、根から伸びる根生葉、長さ20〜25センチの細長い線形
花は、初秋に花茎を伸ばして、淡紫色の小花を総状花序に多数つける
花びら6枚、花の中央には雄しべ6本、雌しべ、花は下から上に順次咲く


採集と調整
随時必要な時に球根を掘り起こして、葉と根を取り除いて、洗い、皮つきのまま、瀬戸物かプラスチックのおろし器ですりおろします
金属性のおろし器は、化学反応により有効成分が変化する


薬効・用い方
腰痛、ひざの痛み、打撲傷に、すりおろした鱗茎を、患部にすり込み、塗布してガーゼでおさえる。
乾いたら、繰り返し、1日数回塗布する

食用には、鱗茎(球根)を掘り取り、葉、根、外皮を取り除き、適当な大きさに切り、塩を入れた熱湯で茹でて、数回茹で返してから、味つけして食べる


その他
名の由来は、参内傘(さんだいがさ)の名もあるように、昔、お公家さんが、宮中に参内の時に、供人がさしかけた長柄の傘に似せた別名もある

また、食べられる球根を表す、中国の文献「救荒本草(きゅうこうほんぞう・1403)」に記述があり、ツルボの球根が食用になると再認識された。

ツルボの球根の外皮をとると、つるりとした坊主頭に似せて、「ツルボウズ」から転訛して、「ツルボ」の名になったという

ツルボと加藤清正
ツルボの鱗茎(球根)は、デンプンが多く、重要な食料として先祖から食べられていた
その後、米などの食料が栽培されるようになり、ツルボを食料にすることは忘れさられていた
豊臣秀吉の命で、朝鮮半島に出兵していた、加藤清正は、中国・明時代に記された文献「救荒本草(きゅうこうほんぞう・1403)」を日本に持ち帰った
「救荒本草(きゅうこうほんぞう・1403)」とは、飢饉で食べるものが無い時に、どのような草を食べて生き延びれば良いのかを記述したもので、これに「ルツボ」の記述があり、それから、ルツボが再度見直されて、食用や薬草として用いられた


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan