健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

カブ              (アブラナ科アブラナ属:越年草:草丈 〜60センチ:花期 〜4月)

薬効
便秘 円形脱毛症 しもやけ そばかす
分布生育場所

科名:アブラナ科/属名:アブラナ属
和名:蕪/学名:Brassica rapa L.(Turnip)
アフガニスタン〜地中海沿岸地方の原産といわれ古くに中国、朝鮮半島を経て日本に渡来した
全国で野菜として栽培、冷涼な気候を好む


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

根生葉は、長楕円形で長さ60センチくらいで鋸歯(きょし)があり、柔らかい
茎は直立して約60センチ、茎頂に3〜4月ころに、黄色い花を数多くつける
あとに褐色の種子を残す

採集と調整
根を薬用に用いる
種子は、花後に採取


薬効・用い方
カブは繊維質が多く、便秘には、根や葉を味付けして食べる、腸を刺激して便通を促す

種子は、円形脱毛症、眉毛の脱毛に用いる。種子をすりつぶして酢を少量混ぜて患部に塗布する
また、おでき、そばかすには、すりつぶした種子を患部に塗布する、すり潰した種子をふろ上がりの肌につけると美肌に

しもやけには、根をすりおろして、患部に一日数回塗布するという

根には、アミノ酸、ブドウ糖、ペクチン、ビタミンCを含み、葉には、ビタミンC,A,B1,B2、種子には、含硫化合物などを含む

本朝食鑑(ほんちょうしょっかん・1697)には、洗眼薬として「熱眼腫痛および天行赤眼に、蝋月(旧12月)にカブを細かく刻み、明礬(みょうばん)水に浸しておき、立春(2月3日ごろ)の後に取り出し、晒乾かす。これを冷水に浸して眼を洗うと、最も妙である」と、眼薬の説明がある


その他
名の由来は、春の七草には、スズナ(鈴菜)であり、カブの根の形が鈴のように見えることからついた名だという

和名妙(わみょうしょう・932)に、和名を加布良(かぶら)として、漢名を蔓菁根(まんせいこん)としていて、蕪菁(ぶせい)と書く場合もあり、春の七草スズナは、カブという
また、カブは、大言海(1937)には、「かぶハ、頭(カブ)ノ義、植物ハ根ヲ頭トス」という記述があり、このことから、根頭部が丸くふくれたカブの形から名がついた、ラはつけ言葉だという

日本のカブ品種には、アジア系品種とヨーロッパ系品種とあり、アジア系品種は、中・大カブの白色品種で関西以西で多く栽培され、ヨーロッパ系品種は、小カブ品種で東海以北で多く栽培されている

カブは、根を漬けた京都の千枚漬け、飛騨地方の赤カブ漬け、葉を漬けた、長野の野沢菜漬け、滋賀の桜漬けが知られている
カブの品種では、天王寺かぶ、関東の金町小かぶ、岩手の長かぶ、山形の温海かぶなど多くのカブが知られています


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan