健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草の用法・薬効・有効成分の説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気・症状から薬草・漢方薬の薬効を説明
漢方薬の症状・用法・配分を詳細に説明
薬草の歴史・植物の生態を詳細に説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

シャク          (セリ科シャク属:多年草:草丈 60〜100センチ:花期 4〜5月)

薬効
消化不良 頻尿 滋養強壮 浴湯料 食用
分布生育場所

科名:セリ科/属名:シャク属
和名:杓/学名:Anthrissus sylvestris
北海道、本州、四国、九州の日本全土の原野、土手、林縁の陰などの少し湿った場所に群生
サハリン、千島列島、中国、朝鮮半島、シベリア、中央アジア、東ヨーロッパに分布


(←拡大画像はクリックします)

見分け方・特徴

茎は細く直立して高さ60〜100センチ、ところどころ枝分かれする
葉は、羽状複葉で下部の葉には長柄があり、葉質は薄く柔らかく、シダに似て細い
花は、4〜5月ころ、花茎の先端に白い5弁花を多数つける
花のつける様子は、シシウドに似る
全体に芳香があり、果実は円柱形で黒く熟す


採集と調整
春〜初夏に葉を採取、初夏に根茎を採取して、陰干しして乾燥する

春に柔らかい茎葉を採取して食用にする


薬効・用い方
有効成分は、根にリグナン(樹脂アルコール類)を多量に含む、消化促進のある精油を含有

消化不良、滋養強壮、頻尿などには、乾燥した根茎を、1日量10〜15グラムを、水0.5リットルで半量まで煎じて、3回に分けて服用する

咳や発汗などの場合には、浴湯料として、乾燥した根・全草を刻んで、布の袋などに入れて、鍋で煮出してから、そのまま風呂に入れて入浴する

林縁などの少し湿った場所などに群生する、シャクは、葉がニンジンに似ていることから、山ニンジンなどとも呼ばれていて、身近な山菜として親しまれている

柔らかい、茎葉を採取して、そのまま天ぷらにする。また、茹でてから、サラダ、おひたし、和え物、汁のみ、卵とじなど、味に癖が無く美味しく食べることができます

シャクは山人参の方言があり、強壮もちや力もちにして食べる。これは、5〜6月頃の開花期に根を掘り上げ、小川につけてアク抜きして、粉末にして、米、もち米、トチの実などと混ぜて、餅にして、強壮餅、力餅にして食べるという


その他
名前の由来は、東北や北海道では、シャクの花のつく様子から、オオハナウド(シシウド)を、シャクと呼び、シャクを、コシャクとした。その後、オオハナウドは、そのまま、オオハナウドになり、シャクは、コシャクの「コ」を取って、シャクとなったという

また、シャクの実の形が、古代神事に用いられていた、さく米という、米粒に似ていたから、さく米(さくまい)が転訛して、シャクになったという説があるという

このことからも、シャクが古代から山菜として親しまれていたということが知ることができます

山菜採りでの事故が新潟でもあります。入山禁止の山より、近くを、ちょっと探すと、シャクがいたるところに群生しています。全部採らないで、少しだけ採って一度食べてみませんか?


 
左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります。
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan