健康を維持する薬用酒/健康酒/ハーブ酒のご案内

薬用酒/健康酒/ハーブ酒

健康に良い薬用酒/健康酒/ハーブ酒の説明、作り方の説明

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

健康に良い薬草/山菜/ハーブ他の苗/通販のご案内

薬草/山菜/ハーブの苗販売

ナツツバキ(夏椿)の苗

水野瑞夫薬草講座

水野瑞夫薬草講座・薬草の用法・薬効の説明

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/山野草/樹木/高山植物)植物のアイウエオ順一覧表

健康維持の薬草の用い方を説明

健康維持の薬草用法・薬草の用法・薬効を説明

病気・症状から説明・薬草・漢方薬一覧表

病気症状から薬草・漢方薬の用い方・薬効を説明
漢方薬の用法・配合を説明
薬草の歴史・解説・植物の生態を説明

薬草/ハーブ/植物/画像販売

イー薬草.ドット.コム業務案内

SEO対策のホームページ作成

◎当ホームページはリンクフリーです。
◎画像・文章は著作権上無断で使用できません。
 

ナツツバキ            (ツバキ科ナツツバキ属:落葉高木:樹高 〜20メートル:花期 〜7月)

DATA

科名:ツバキ科/属名:ナツツバキ属
和名:夏椿/別名:シャラノキ/学名:Stewartia pseudo-camellia

2013/06/21 新潟県新潟市西区坂井近辺
(←植物名一覧/薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物はクリックします)

本州福島県〜新潟県以西、四国、九州の山地の林内
朝鮮半島南部に分布

高さ7〜15メートルになる落葉高木で樹皮はなめらか10年目くらいから古い樹皮が剥げ落ちて、灰白色〜赤褐色を帯びた斑紋になり美しい
葉は互生、楕円形〜長楕円形、長さ4〜10センチ、幅3〜5センチ、裏面には伏毛がある
花は6〜7月、本年枝の葉腋に直径約5センチの1日花で白色5弁花をつける
花弁のふちは波うち、外側には白い絹毛があり、1日でがく片が中心に向かって花弁を押し出して、花弁は雄しべをつけたままぽたりと落下する
果実はさく果の卵形、直径約1.5センチ、9〜10月に熟して5裂、約0.6ミリの濃褐色の種子を落とす

名の由来は、夏椿(なつつばき)で、花弁がぽたりと落下する様子を、夏に咲く椿(つばき)にたとえた
また、別名シャラノキとは、インド原産の「沙羅双樹(Shorea robusta Gaertn. f.)/フタバガキ科」という木に似ていることからついたという

●インド原産の「沙羅双樹(Shorea robusta Gaertn. f.)/フタバガキ科」
森鴎外が沙羅の木をうたった詩に、「褐色(からいろ)の根府川石に 白き花はたと落ちたり ありとしも青葉がくれに みえざりしさらの木の花」がある
この「沙羅の木」とは、ナツツバキのことで、インド原産の「沙羅双樹」と間違えられたものであり、「沙羅双樹」とは、お釈迦様が入滅した場所の四方に、この「沙羅双樹」が2本づつ植えられていた
お釈迦様が死を迎えようとするときに、「沙羅双樹」が白鶴のごとく真っ白に変じたという伝説があり、インドでは「霊樹」として知られる

日本では自生のない「沙羅双樹」に、ナツツバキの真夏に真っ白な花を優雅につけ、すぐに散って行く清楚ではかない花の姿、つるつるした特有な樹肌などが、「沙羅双樹」という霊樹に見立てたものと思う
ナツツバキは、昔から好んで仏教の寺院の境内に植えられていて今も残る古木が多いという

Canon EOS5D/TAMRON DI90mm MACRO 1:1

左上イー薬草・ドット・コム・安心安全の健康食品のネット販売をクリックするとメインページへ戻ります
Photo Masayuki Tsuno
E-yakusou.com 2-6-2,sakaihigashi,nishi-ku,Niigata-shi,950-2041,Japan