イー薬草・ドット・コム・健康食品のネット販売

イー薬草・ドット・コム/メインメニュー

薬草/山菜/ハーブ等の苗

健康を維持する薬草/山菜/ハーブ等の苗の販売

植物名一覧(薬草・山菜・山野草・樹木・高山)の植物アイウエオ順一覧表

植物名一覧(薬草/ハーブ/山菜/野草/樹木/高山植物)


その他の薬草/山菜/ハーブ苗のご案内

日本一の切花出荷量/ チューリップの球根


●ウグイスカグラ/赤実・黄実の苗●      

2016/08/17

ウグイスカグラ(鶯神楽)の説明        

         

     

ウグイスカグラ/赤実

     

ウグイスカグラ/黄実


   

 

 

 

     

ウグイスカグラ/赤実の花/'08/04/10撮影

     

ウグイスカグラ/黄実の花/'08/04/10撮影


         

     

ウグイスカグラ/赤実/'08/04/16撮影

     

ウグイスカグラ/黄実/'08/04/16撮影


         

●2016年  小果樹苗

ウグイスカグラ/品種名 単価 仕様 販売時期

説明

ウグイスカグラ赤実 620円 3号(9センチ)/
ポット
通年発送 6月に赤い小さな花を下向きに付ける。赤い実は甘さは抜群。 盆栽仕立の観賞も可。
ウグイスカグラ赤実24 12,680円 3号(9センチ)/
ポット
通年発送 6月に赤い小さな花を下向きに付ける。赤い実は甘さは抜群。 盆栽仕立の観賞も可。
24本セットの価格
1ケース1個口になります。他の苗との同梱はできません。別途送料が必要になります。
         
   

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

         

         
授粉必要品種 授粉樹 説明

-

-

 
     
薬草/植物名 栽培/注意/その他 説明
  ウグイスカグラ(鶯神楽)の説明 北海道(渡鳥)、本州、四国の山地に自生する高さ1.5〜3メートルになる落葉低木

樹皮は灰褐色、縦に裂けてはがれ落ち、高さ2〜3メートルになる日本固有種
若い枝は赤褐色を帯び、葉は対生、広楕円形〜倒卵形、長さ3〜6センチ、幅2〜4センチ、無毛で裏面は緑白色に見える
花は、4〜5月、枝先の葉腋に1〜2センチの花柄を出して淡紅色の漏斗状の花を2個下垂する
花冠は1〜2センチ、先端は5裂、裂片は平開する
果実は、液果で楕円形、長さ1〜1.5センチ、6月ころに赤熟する。
種子は長さ4〜5ミリ茶色の楕円形

近縁種、類似種の見分け方
ウグイスカグラ(鶯神楽)は、別名ウグイスノキとも呼ばれる
ヤマウグイスカグラは、葉に毛がある
ミヤマウグイスカグラは、本州、四国、九州の山地に自生し、枝葉に毛が多く生え、花や果実に腺毛が多く生える
ヒョウタンボクは、葉に毛があり、花の先端が5深裂して2個づつ咲く、花は白色〜黄色に変わり、果実は2個癒着して、ヒョウタンのように見え、夏頃真っ赤に熟すが有毒



  栽培方法 栽培は比較的容易で、樹勢が強く、枝を叢生して大きな株になる
土質も特別選ばないが、日陰地より日当たりの良い場所が樹形がしまる

植え付けは、11月〜翌年3月頃の落葉時が良い
根は割合浅く、活着しやすい、穴には堆肥を混ぜ高めに植え付け、根付くまで、添え木で保護する

管理剪定は、放任しても良いが、萌芽力が強いので、2月頃に小枝や枝が密生した3〜4年性枝は根元から切り取り、枝の更新をする

施肥は特別に必要は無いが、寒肥として2月頃に株の周囲にみぞを掘り、堆肥スコップ2〜3杯、油粕2〜3握りを埋める
夏季の乾燥時には、堆肥や稲ワラを根元に覆う

実付きが悪い場合には、日の当たる場所に植え替える。また、秋以降の剪定は花芽を落とすので注意する

病害虫は特に無い

殖やし方は、挿し木、株分け、実生がある
挿し木は、3月上旬に前年枝を約15センチに切って挿し木にする。通常2〜3年で結実する
株分けは、根元に土を盛っておくと容易に発根する
実生は、完熟した実から種を取り蒔くか、乾燥しないよう保存して、翌年春に蒔く、通常4〜5年で結実する


  その他 野趣に富む木なので、芝庭や池の端などに単植えすると映える

実は、6月頃に赤く熟した果実を採取して生食、ジャムにして食べる

また、赤く熟した果実を約200グラム採取して、35度ホワイトリカー約1リットルで果実酒をつくる
冷暗所に保存して3〜6ヶ月して材料を引き上げ、1日50CC飲用する

   

●画像及び説明は著作権があり無断使用できません。

         

●「薬草/山菜/ハーブ苗・球根」のご購入画面●

●輸出苗の作業風景●

●6検体の放射能検査を実施した結果の証明書●

●通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示●